ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

library

パレアナ精神

最近、気を付けていないと、すぐに不安や焦りで気が沈みます。 気が沈んだままでいると、その精神状態に呼応して良くないことが引き寄せられるので、意識してゴキゲンでいるようにするといいそうです(スピリチュアルな世界でよく聞かれるシステムですよね)…

アラフォーママンファッション考

卒業式の日程を確認していて、ハタと思いました。 私、卒業式用のスーツ、入るだろうか(笑)? 今年度はいろいろと盛りだくさんな1年だったため、自分の中のオシャレ魂が消え、顔も体型も老け込んだな~と感じている今日この頃です(苦笑)。 このまま何もし…

『高1からの進路教室』(渡邊洋一)

息子の中学校では、併願私立の結果が出揃ったのを受けて、公立高校一般入試の願書提出(中学校への)が始まりました。 2月初旬には、中学校から各高校へ提出されるはずです。 願書を出すと、 「もう引き返せない!」 という緊張に襲われますね(苦笑)。 そ…

バレエ関連作品いろいろ

息子の私立の結果が出た後、だんだん気持ちが落ち着くにつれて、ドッと疲れが出てきました。親知らずを抜歯したところも、せっかく落ち着いてきていたのに、またうずいたり……。 寄る年波には勝てない、ってやつでしょうか(苦笑)。 息子も私立受験の後は、…

『世界のトップ1%に育てる親の習慣45』

息子の受験日が近づくにつれて、これまで多く読んできた、受験や教育に関する本が、怖くて読めなくなってきました(苦笑)。 受験には何ら関係のない文芸書の方に手が伸びます。我ながら、わかりやすい現実逃避っぷりです(笑)。 でも、廣津留真理さんの本は1…

『戦争と平和』(トルストイ原作)

年明け早々、ヘビーなタイトルですみません(苦笑)。 大晦日と元日の夜中(家族が寝静まっている間)限定で、イッキ見していたんです。 戦争と平和 DVDBOX 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ 発売日: 2017/03/02 メディア: DVD この商品を含むブログを…

道祖神の招きにあひて

昨日までの週末は、息子の塾がお休みだったので、この機会にと、私立の受験会場の下見や散髪に行き、私立の願書を清書したりしました。 どの用事も、受験のための大切な準備です。 それらを3つもこなせたのだから、せっかくの塾のない週末を有効に使えた、と…

『受かる!面接』(学研)

今日は、これから塾に行って、自分史上最悪の模試の結果が返ってくる日です。判定、下がってるだろうな……。どうやって立ち直ろうか、今から考えあぐねています。 は~、憂うつだな~。 先日、学校では面接練習がありました。 学年の先生方と、校長先生との2…

『10年後、君に仕事はあるのか?』

数日前に、「納得解」について記事にしました。 www.mamannoshosai.com その後、いただいたコメントをきっかけにもう少し調べてみたところ、藤原和博さんに行き着きました。 藤原さんは、「東京では義務教育初の民間校長」となったことで有名な方です。 (今…

Xmasプレゼントは……

もうすぐ12月。 「クリスマスツリーはいつ出そうか?」 という話題が、ぼちぼち出始めている我が家です。 うちの子たち、クリスマスの雰囲気がとても好きなんです。 特別なことは何もせず、ツリーを飾り、ケーキを食べて、ちょっとしたプレゼントがある、と…

『東大・京大に合格する子どもの育て方』(江藤宏)

頑張って勉強しているのに成績が伸びないーそんな我が子に頭を抱えていないだろうか。 はい。私、頭を抱えています(苦笑)。 東大・京大を志望しているというわけではないのですが、表紙のこの言葉に完全に心を鷲掴みにされて、読みました、この本。 東大・…

進め、進め

最近の実力テストでふるわず、周囲の伸びを目の当たりにして落ち込んでしまった息子。 週末は塾だったので、 「塾の先生に相談してごらん。」 と言って送り出しました。 塾の終わりに迎えに行き、帰りの車中で聞いてみたところ、塾の先生からは、 「テストの…

『それでも人生にイエスと言う』

もう10年ほど前に買った本なのですが、今でも時々読み返す本があります。 疲れた時、不安な時、虚しくなった時など、ちょっと元気が出ないことが続いていると、ふと思い出す本です。 それでも人生にイエスと言う 作者: V.E.フランクル,山田邦男,松田美佳 …

英検その後

10月初めに受けていた、英語検定のその後についてです。 娘は4級受験でしたので、一次試験の合否がそのまま級認定になるということで、無事に合格しました。スピーキングテストについては、もし受からなくても合否に関係ないということらしいので、娘は、 「…

なぜ今読書にハマるのか君は

受験生にとって、勝負の時と言われる11月が目前に迫ってきました。 各種模試も学校のテストも目白押し。生徒会も下旬まで引退できない。圧倒的に時間が足りないのに、いまひとつ危機感の感じられない我が息子に、母は焦っております。 寸暇を惜しんで勉強す…

『高校入試小論文・作文のオキテ55』(安田浩幸)

先日の実力テストで、基本的な漢文の返り点の問題を落とした息子……。答案が返ってきたら、記述という記述で点数を引かれまくっていました。そして、国語は過去ワースト2位の点数を叩きだし……。テストが多いので、一喜一憂しないと心がけてはいるものの……。 …

『思うとおりに歩めばいいのよ』(ターシャ・テューダー)

前回の記事で、引用部分の出典が曖昧だったので、今日は補足記事という感じで書きたいと思います。 前回、 「主婦だってキッチンでジャムを煮ながらシェークスピアを読むものよ。」 というような意味のことを、ターシャ・テューダーさんという方がおっしゃっ…

英検、今まさに

中間テストが終わっても一息つくことすらできなかった原因の英検(笑)が、今まさに学校で行われています。 (今まさに行われていると思うと、こちらまで緊張してきます。) この時期に受けると決めたのは我が家なので、英検が悪いわけではもちろんないので…

『プレジデントFamily 秋号』

中間テストが終わっても、すぐに英検がやってくる……そして対策は進んでいない……(爆)。 去年も、 「英語の先取りを自宅学習だけで進めるのは大変だから、合格ラインである6割から7割を取るには、その範囲を学校で習いきったあたり、つまり10月に受けよう!…

『わが子を「メシが食える大人」に育てる』(高濱正伸)

もうずっと前に読んだ本ですが、最近、思うところがあって、またパラパラと読み返してみました。 わが子を「メシが食える大人」に育てる (ファミリー新書) 作者: 高濱正伸 出版社/メーカー: 廣済堂出版 発売日: 2010/07/17 メディア: 新書 購入: 5人 クリッ…

『母性革命 子育てに惑う人々へ』(村山和世)

またタイトルにドキッとして手に取った本です。 母性革命 子育てに惑う人々へ 作者: 村山和世 出版社/メーカー: 水曜社 発売日: 2012/06/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 著者の村山和世さんは、ご自身も二人の子どものお母さんで、個別指導…

『追いつめる親』(おおたとしまさ)

「あなたのため」は呪いの言葉 これは、この本のサブタイトルです。 追いつめる親 「あなたのため」は呪いの言葉 作者: おおた としまさ 出版社/メーカー: 毎日新聞出版 発売日: 2015/07/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 子どもを思う気持ち…

『ほぼ日手帳公式ガイドブック2018』(ほぼ日刊イトイ新聞)

もうそんな季節なの~? と、うれしい驚きとともに思わず買ってしまったのは……。 『ほぼ日手帳公式ガイドブック2018』。 ほぼ日手帳公式ガイドブック2018 LIFEのBOOK 作者: ほぼ日刊イトイ新聞 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2017/08/22 メディア…

『受験生の心の休ませかた』(加藤諦三)

今日は、お墓参りのあと、家族で久しぶりの書店へ行きました。 パラパラと立ち読みした中で、気になる言葉に出会い、思わず買ってきた1冊があります。 『受験生の心の休ませ方』(加藤諦三) 受験生の心の休ませ方 (YA心の友だちシリーズ) 作者: 加藤諦三 出…

『学ぶ心に火をともす8つの教え』(武内彰)

昨日は高校の学校説明会を2校ハシゴで、クタクタでした。 この地域の公立トップ校というくくりである、A高校とB高校です。 息子がどちらにしようかと、ずっと迷っている2校です。 A高校は、地域ナンバー1の伝統校ではあるものの、校風がかなり変わっていて、…

『犬が来る病院』(大塚敦子)

今、娘が読んでいる本を、パラパラとめくってみました。 『犬が来る病院』(大塚敦子)という本です。聖路加国際病院の小児科病棟を取材したルポタージュです。 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと 作者: 大塚敦子,酒井駒子 出版社/メー…

センセイの資質

月1回の習い事をしています。 普段、子どものことにガーッと行きがちで、仕事も抱える主婦のため、気がつくと髪がモジャモジャで、口角は下がり、肩が前に入って、落武者のようになっています(笑)。 娘の部活の参考にならないかなーという思いと(やっぱり子…

「カオス度が高い」

『プレジデントFamily』夏号を買いました。 プレジデントFamily(ファミリー)2017年07月号(2017夏号:自分から机に向かう子になる! ) 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2017/06/05 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 「自分から机に向かう子…

夏の課題図書

最近、仕事がたてこんで、ほぼ引きこもりで家から出ない生活をしていました。 でも今日、スーパーへ買い物に出たついでにフラフラと書店へ入ってみました。 すると、夏休みの課題図書が並んでいました。 ……そうか……もう、そんな季節か……。 夏休みは読書感想…

歴史の入り口は漫画から?

子どもたちのテスト勉強を見ていて、今、大苦戦しているのが、「歴史」です。 自分が習っていたころも苦手だった、「明治維新」あたりから「日清戦争」「日露戦争」を経ての「第2次世界大戦」あたりまで。 なんとか同盟だの、なんとか党だの、いっこうに覚…