ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

振れ幅の広い女優さん(海外ドラマより)

 昨日のフレミーさんの記事にコメントするうちに(パガニーニさんの役者さんを描いたフレミーさんの絵が秀逸!みなさん、ぜひご覧になってみてください。うさぎさんのふきちゃんも、可愛いでしよ(#^^#))、洋画や海外ドラマに出てくる衣装や家具、テーブルセットなどについて話が弾む中で、『ダウントン・アビー』の話になりました。

 

flemy.hatenablog.jp

 

 

そういえば、だいぶ前に『ダウントン・アビー』についても記事にしていたな、と思い出したので、載せておきますね。

www.mamannoshosai.com

 

 

私、映画や海外ドラマが好きなのですが、そして寸暇を惜しんで結構観ているほうだと思うのですが、普段のブログの記事は、おおかた子どものことになっています。

 

でも今日は、すこし海外ドラマの話題にも触れてみたいと思います。

 

『ダウントン・アビー』については、上記の過去記事を読んでいただくとして、今日書きたいのは、皮肉が強烈な先代グランサム伯爵夫人ヴァイオレットを演じている女優さんが、『ハリーポッター』シリーズのマクゴナガル先生を演じていらっしゃるマギー・スミスさんだということです。

マクゴナガル先生、好きなんですよね(笑)。ダンブルドアより好きかも。

マクゴナガル先生の時は、凛として、厳しさと優しさ、そしてユーモアをも兼ね備えた尊敬すべき教師像を見事に演じてらしたのですが、ヴァイオレットになると、少々わがままでいつも強烈な皮肉を周囲に浴びせる人物像を、ちょっと吹き出しちゃう感じに演じてらっしゃるのです。

この役者としての幅の広さ!

ご本人の人間的な深みが透けて見えるなあ。

『ダウントン・アビー』は、セットや風習(ドレスアップしてディナーに臨む、とか)の際現に非常にこだわっているそうで、テーブルセットや、貴族階級の洋服、家具などに惹き付けられます。

人間模様もとても面白いので、この連休、時間のあるかたは是非どうぞ(#^^#)。

 

 

 

 

 

役者としての幅が広いと感じるもう一人の女優さんは、赤毛のアンを演じたミーガン・フォローズさんです。

 

赤毛のアン DVD-BOX

赤毛のアン DVD-BOX

 

 

赤毛のアン 特別版 [DVD]

赤毛のアン 特別版 [DVD]

 

 

赤毛のアン アンの青春 特別版 [DVD]

赤毛のアン アンの青春 特別版 [DVD]

 

 

赤毛のアン アンの結婚 [DVD]

赤毛のアン アンの結婚 [DVD]

 

 

赤毛のアン・三部作DVD-BOX

赤毛のアン・三部作DVD-BOX

 

 

『赤毛のアン』は、いろんな役者さんが演じていらっしゃいますが、私はこのミーガン・フォローズさんが演じているものが1番好きです。アンのイメージにぴったりだと思うんですよね。

そしてこの清純な少女役にドはまりしていたミーガンさんが、最近では、フランス王妃・メディチ家のカトリーヌを演じていらっしゃるのですが、これがまあ~腹黒(笑)!

 

REIGN/クイーン・メアリー 〈ファースト・シーズン〉コンプリート・ボックス(11枚組) [DVD]

REIGN/クイーン・メアリー 〈ファースト・シーズン〉コンプリート・ボックス(11枚組) [DVD]

 

 

REIGN/クイーン・メアリー〈セカンド・シーズン〉コンプリート・ボックス (11枚組) [DVD]

REIGN/クイーン・メアリー〈セカンド・シーズン〉コンプリート・ボックス (11枚組) [DVD]

 

 

REIGN/クイーン・メアリー ~愛と欲望の王宮~ サード・シーズン DVD コンプリート・ボックス (4枚組)

REIGN/クイーン・メアリー ~愛と欲望の王宮~ サード・シーズン DVD コンプリート・ボックス (4枚組)

 

 

汚れを知らないアンから、腹黒カトリーヌまで、振れ幅広すぎです(笑)。

 

この『クイーン・メアリー』は、『ゴシップ・ガール』の宮廷版などと言われているようですが、この時代のクイーン・メアリー(ブラッディ・メアリー?)や、エリザベス女王、関連してヘンリー八世やアン・ブーリンなどの史実については、ほかの作品も観てみると、より分かりやすいと思います。

 

 

 

ブーリン家の姉妹 DVD

ブーリン家の姉妹 DVD

 

 

このへんのことは語りだしたら長いので、また別の機会に(笑)。

 

歴史を感じる洋画や海外ドラマが好きです。

今も昔も、人のやることはあまり変わらない、ということも面白いし、当時独特の家具や衣装、生活、風習なども興味深いです。

 

また、私が幅が広いと感じる役者さんは、年齢を重ねてご自身の人生経験が人間としての深みを感じさせるようになっている女優さんです。

 

彼女たちを見ていると、歳を重ねることも悪くないと思えてくるのです。

 

 

こういう、人生の先輩の方々の、良い歳の重ね方、素晴らしいお仕事を観ていると、私もこういう風に、自分の可能性を広げていくような歳の取り方をしたいものだなあ、と思います。