ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

高校生の通院事情(寄稿のお知らせNo.18)

スポンサーリンク

最近、子ども達の通院の時間が取れずに困っています。

 

f:id:mamannoshosai:20200902085212p:image

 

 

 

ぽやんちゃんの眼科

 

夏休み中にメガネを作ったぽやんちゃん

眼科のお医者様から、

 

「使ってみて1ヶ月くらい経ったら、1度検診にいらしてくださいね。」

 

と言われていたのですが、ぽやん自身に時間がないのです。

部活をあまり休みたくないとなると、平日のオフの日(隔週であり)に行くしかないのですが、ちょうどその曜日は、眼科の午後休診の曜日なのです。 

こういうこと、よくありますよね(*´Д`)。

 

うーん…テスト期間の早く帰れるときに行くしかないか…。

 

刹那君の皮膚科

 

この間の行事の代休の日(平日)に、刹那君のマスク肌荒れのために皮膚科に行ったのですが、処方されたお薬の効果を診るため、お薬がなくなる頃に再受診するように言われています。

 

でも、刹那君も時間がありません。

 

部活は引退しているのですが、受験生なので、放課後は学校の課外授業(という名の普通授業)が組まれているのです。

これは部活と同じくらい休みにくい。

というより、休むと不安、というやつです。

これにきっちり出ると、皮膚科の受付終了時間には到底間に合いません。

 

ちょっとお薬の効果が芳しくないので、再受診してお薬を変えてもらいたいなという気持ちもあるのですが、いかんせん本人に時間がない…。

土曜日に滑り込もうにも、毎週末の勢いで模試が入っているので、まぁ無理でしょうね(−_−;)。

 

   

 

学校近くの病院を開拓

 

その他にも、受診予定を組みたい案件がいくつかあります。

歯医者の定期検診も受験前に一度行っておきたいし、髪も切らないと(これは通院じゃないけど)…。

でもうまく予定が合わずに、なかなか予約が取れません。

 

↓ ママ広場さんにも書かせていただいたのですが、高校生の通院事情…みなさんどうしていらっしゃるのでしょうか…。

 

mamahiroba.com

 

私が高校生の時は、親元を離れていましたので、風邪をひいたりした時は、学校の近くの内科に自分で行っていました。

 

刹那君も、手の指を剥離骨折した時は、大事な大会直前で部活を休めなかったので、途中抜けして治療を受けてまた部活に戻るということができるように、学校近くの整形外科を新規開拓?して、自分で行ってもらうようにしました。

 

www.mamannoshosai.com

 

これからインフルエンザワクチンの季節なので、また学校の年間行事予定表とにらめっこして、予約を取るのが面倒極まりないですね( ̄◇ ̄;)。

 

ワクチン接種時は、未成年は原則保護者の同伴が必要だそうなので、学校帰りに自分で病院に寄って打ってきて〜、とは言えないんですよね。

どうしても同伴できない場合は、保護者が同意書にサインして医療機関に提出しないといけないようです。

 

私は、ワクチンの時は、副反応など何かあるといけないと思い、同伴するようにしています。

だから、学校近くの病院でワクチンを受けることにすると、その病院まで私も出向いて待ち合わせるしかありません。

 

こんなときは、自宅と学校が近かったらな〜と思いますが、自宅の近くに子ども達が行きたい高校がなかったので、仕方がないですね〜(−_−;)。

 

ぽやんちゃんの高校卒業まで、あと2年半。

とにかく通院時間の確保が難しいので、なるべく病院にかかる機会が少ないことを願います( ̄◇ ̄;)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校生のいる暮らし

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 本と共にある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

 

スポンサーリンク