ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

剥離骨折していました

スポンサーリンク

今日から11月ですね。

みなさん、昨日のハロウィンは、いかがお過ごしでしたか?

 

我が家では、衝撃の事実が判明しました。

 

息子が、剥離骨折していたのです( ̄◇ ̄;)!

 

f:id:mamannoshosai:20191031183327p:image

 

 

 

突き指するも初期治療なし

 

10月に入ったばかりのある日、息子は、

 

「体育でバスケやって突き指した〜(´Д` )。」

 

と言って帰ってきました。

 

痛めたその時は、痛みもたいしたことがなく、すぐに教室移動や次の授業があったので、保健室にも行かず、自分で冷やしたり固定したりすることもなく、そのまま放置してしまったのだそうです。

 

そして、翌日の昼休みにまたバスケをやって(要らんことを!)、前日に痛めたところをまた突き指したと"(-""-)"。

 

前述 ↑ の、

 

「バスケやって突き指した。」

 

という発言は、厳密には、

 

「昨日も突き指してて、今日も同じところをやっちまった。」

 

という意味だったのでした。

 

この時点で初めて突き指していたことを知った私は、初期治療をまったくしていなかったことに不安を覚えました。

 

「突き指は甘く見たら怖いんだよ! なんで最初に何もしなかったのー٩(๑`^´๑)۶/!」

 

と怒るも、後の祭り"(-""-)"。

 

病院に行く時間がない

 

それからも息子はなんだかんだと忙しく、大事な大会が終わるまでは病院に行く暇がないということで、気休めに湿布を巻いたりして様子を見ていました。

でも、なんだか治りが悪く……。

痛みや可動域は少しずつ改善が見られたものの、圧痛はあるし、腫れも少し残っているし、少し赤くなってポコンとしているのも気になっていました。

 

「これだけ長引くとなると…これは単なる突き指ではなく、骨折かもしれない…(;´Д`)…。」

 

と不安になり、昨日やっと、無理やり部活を安ませて、整形外科を受診しました。

 

ほんと高校生って、病院に行く時間もままなりませんね(;´Д`)。

 

 

突き指でなく剥離骨折

 

病院では、怪我をしてから1ヶ月近く経っていることを何度も確認されました。

 

そうですよね、こんなに時間が経ってから受診する人、いませんよね(−_−;)。

発覚するまで2日、自然治癒を期待して湿布で様子見した期間が2週間、病院に行こうと思ってから実現するまで10日ほど経っていましたから…いくらなんでも時間が経ちすぎました…。

 

レントゲンを撮ってみると…。

 

「あ〜、ここに小さく骨片が映っているの、わかりますか? 剥離骨折してたようですね。」

 

と、お医者様。

 

「こ、骨折( ゚д゚)! は、剥離…は、はく、はくり…( ゚д゚)!」

 

「ん〜、靭帯もちょっとやっちゃってるねぇ。」

 

「じ、じ、靭帯…じん…(゚Д゚;)…!」

 

「まぁ、このくらいなら、最初の段階でも手術適応にはならなかったと思いますけど、時間はかかるやつでしたね。初期治療をきちんと正しくやっても、3週間から1か月はかかったと思いますが、初期治療していないし、時間もこれだけ経っちゃってるので、完治するまでには、さらに時間がかかりますね~。」

 

「…ですよね"(-""-)"…。」

 

「まぁでも、治りますよ。後遺症もなく治りますけども。これからできる治療としては、痛みを緩和する緩和治療になります。そのままにしといてもいずれ治りますけど、電気かけたりすると良いので、来れる時に来てくださいね。」

 

「はい(;´Д`)。」

 

 

診察室を出て、電気をかけてもらいながらの会話 ↓ 。

 

「だから初期治療が大事だって言ったでしょ!忙しいとか、たいしたことないとか、言ってる場合じゃなかったんだよ( `ー´)ノ。」

 

「はい、学びました…(~_~)…。…でもさ、オレ、骨折したまま大会に出てたんだな!すごくねψ(`∇´)ψ!?

 

「やかましいっ( *`ω´)!」

 

今後の治療と保険の手続き

 

このままにしておいても、いずれ後遺症もなく治るという診断だったのが救いでしたが、本格的に雪が降る前に治せたらいいなと思うので、行ける時は、電気をかけに通ってもらおうと思います。

自分で学校帰りに通院してもらいます。その方が受付時間にも間に合いますし。

今後も何回か通うかもと思ったので、自宅近くでなく学校近くの病院にしておいて正解でした( ̄▽ ̄)。

 

あとは、学科管理下での怪我だったし、剥離骨折という診断もついたし、全治1か月以上で通院も何回か続くと思うので、学校から保険の書類をもらってくるように、息子に言いました。

 

他の医療保険にも、怪我通院の請求書類を送ってもらうよう連絡しないと…。

 

まったく、この忙しい時に、煩雑な書類仕事が増えました。

ほんと、うちの息子は、定期的に何かしらやらかしてくれます"(-""-)"。

でも私も、もう少し早く、無理やりにでも受診させればよかったな(*´Д`)。

 

そんなわけで、今年の我が家のハロウィンは、ジャックオーランタンもトリック・オア・トリートも、楽しそうなことは何もなく、ただただ「剥離骨折」にビビり、「怪我は初期治療が大事」ということを学んだ日となりました( ̄ー ̄)。

 

 

 

お医者さんが考えた指サポーター。

 

 

 

隣の指を副木にするサポーター。 

 

 

 私は親指の付け根が痛い。

 

 

 

 

 

 男子高校生のいる日常

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 女子中学生のいる日常

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 

 

 本とともにある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

 

スポンサーリンク