ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

『プリンセスお母さん』(並庭マチコ)

スポンサーリンク

久しぶりに、コミック・エッセイを読みました。

 

f:id:mamannoshosai:20200106162453j:image

 

 

 

娘を笑わせよう

 

年明け早々の模試でグッタリ_(:3 」∠)_し、私立受験日の具体的な打ち合わせに登校したりするうちに、緊張が高まってきたように見える娘。

 

www.mamannoshosai.com

 

まったく緊張感がないのも良くないけれど、不要な緊張は、少しほぐしたい…。

 

これは…笑わせねばなるまい( ̄^ ̄)。

 

でも、小さい頃のようにコチョコチョなんてしたら本気で怒られそうだし、こんな時に限って息子も面白いことを何にも言ってくれない…"(-""-)"…。

 

ということで、マンガに頼ることにしました( ̄▽ ̄;)。

 

 

『プリンセスお母さん』

 

書店で面白そうな本を探しましたが、何巻もあるような長い作品は、今ハマってしまったら受験に差し支えるので、短時間でサッと読めるものがいいなと思いました。

 

そして、コミック・エッセイの棚で見つけたのがこの『プリンセスお母さん』です。

 

 

Twitterで話題になった家族実録を書籍化したものらしいので、ご存知の方も多いかも知れませんね。

 

帯には「庶民の主婦でも心は貴族」と書いてありました。

 

…やだ、ちょっと…。

自分と似た匂いを感じるわ( ̄▽ ̄;)。

 

ということで、お買い上げ〜。

 

娘より先に、私が読んでしまいました。

 

言いまちがい

 

「プリンセスお母さん」は、育児が忙しかった頃、言いまちがいが多かったそうです。

 

「冷蔵庫に洗濯機を入れておいて。」

「ビデオ着て!」

 

こういう言い間違い、私もしょっちゅうやってます。

忙しくあっちもこっちも同時進行していると、とりあえず目に入ったものを言っちゃったりするんですよね~。

 

やっぱり、同じ匂いを感じる(^▽^;)。

 

 

領主トーク

 

生粋の庶民であるにもかかわらず、貴族の心で生活している「プリンセスお母さん」。

 

パート先では「姫」と呼ばれ、同僚のことは「他国の姫」だという設定だそうで、

 

「最近 悪天候ですね」

 

「ええ」

「あなたの領地の穀物のようすはいかが?」

 

という世間話を繰り広げていらっしゃるのだそうです。

同僚の方も貴族の心をお持ちでΣ( ̄。 ̄ノ)ノ?

 

自宅でも、著者が出かけようとすると、

 

「領地の視察ですか 姫?」

 

とか、

 

「キツネ狩り?」

「お姫様 どこへ? 舞踏会?」

 

などと声をかけられるのだそうです。

アラサーの著者…面倒くさがりながらも付き合ってあげているのが優しいと思います(^▽^;)。

 

自家用車は「4頭立ての馬車」で、自称「カトリーヌ」。

 

徹底してる…面白い( ̄▽ ̄)。

 

   

 

生活をちょっと楽しくする工夫

 

このコミック・エッセイの中には、「プリンセスお母さん」の直筆のコメントが載っているのですが、

 

自然からの不条理

人からの不条理

自分の外からの不条理 

自分の中からの不条理

いろんな不条理のなかでも、生きていかなければならない。

生活をちょっと楽しくする工夫…

私の貴族ごっこやおふざけも、そんな処世術かもしれません。

自分の心だけは、誰にも支配されません。

心がうれしくなること…見つけていきたいです。

 

マチコの母

 

 

とありました。

 

私はこの「プリンセスお母さん」の考え方、好きです(*^-^*)。

 

確かに世の中は不条理で、放っておいたら嫌なことばかり目につきがちな毎日ですが、だからこそ、できるだけ毎日を楽しく過ごせるように工夫したいものですよね。

状況は今すぐ変わらなくても、心の持ちようで、今すぐ幸せに(不幸せにも)なれるのだと思います。

そして、明るいマインドを保つ努力が、状況の好転を引き寄せるような気がします。

 

私も、まごうかたなき庶民なのですが、時折、自分の中に謎のマダムが降臨しているのを感じるんですのよ、オホホ( ̄▽ ̄)。

 

あ、謎のマダムって、お花の妖精か。

↓「ママン」のキャラは、マダムなのです。

www.mamannoshosai.com

 

ブログでもマダム口調になることがよくあるし、noteの「台詞をつける楽しみシリーズ」(動物アテレコ)でも、マダム口調で喋らせてしまうことが多いですσ(^_^;)。

 

娘の反応

 

模試の自己採点を終えた娘に、

 

「気晴らしにいかが~? オホホ( ̄▽ ̄)~」

 

と、この本を渡してみたら…。

 

後ろから観察していると、やはり、例によって小刻みに肩を震わせ、頬骨が盛り上がっていたので、「娘笑わせ作戦」は成功した模様です(*´▽`*)。

 

「面白かった?」

 

と、とぼけて聞いてみると、

 

「このお母さんの言いまちがいがさ…ほぼほぼママだよね( ̄▽ ̄)」

「ママもさ、突然、おはよう世界中のみなさんヽ(´▽`)/とかって言うよね(^_^;)」

 

という感想でした。

 

やっぱりね…似てるところが多々あるよね…。

でもそれはさ、ほら、不条理なこの世を生き抜く処世術だから。

最近の言いまちがいは、加齢のせいかもしれないけどさ…"(-""-)"…。

 

 

さて今日は、領地(自宅の駐車スペース)の視察(雪かき&氷割り)に行ってきますわ。

…自分でやるところが、やっぱり庶民…(^_^;)…。

 

 

 

 

 

 

 

 高校生のいる暮らし

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 本と共にある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

 

スポンサーリンク