ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

冬至を過ぎたら前向きに

スポンサーリンク

今日は冬至ですね。

スーパーでは、かぼちゃがたくさん出ていました。

 

昔は、「冬至は1日で1番陽が短い日」とか、「かぼちゃを食べる日」くらいにしか思っていなかったのですが、だんだん冬の寒さがこたえる歳になってくると、11月くらいから冬至に向かう日々は、寒さがどんどん厳しくなるし、16時にもなれば、もう真っ暗になってしまうので、気分も沈みがちに(´Д`)。

 

子どもたちも、普通に部活を終えて帰ろうとしたら真っ暗で寒いって…お腹も空いているだろうし、どんよりした気分になるんじゃないかと思います。

 

ですが、冬至が来たら、あとはもう、だんだんと陽が長くなっていくだけなんですよね!

寒さはまだまだ厳しいけれど、明るい時間が長くなるだけで、気持ちが上向きになっていくのがわかります

(私、典型的な冬季鬱なんじゃないかと思います)

 

ああ、お日様のありがたさよ(*゚▽゚*)!

 

そんなわけで、私は冬至を、いつからか「折り返し地点」として意識するようになりました。「これからは明るくなる一方」という「折り返し地点」。

 

不思議なもので、「折り返し地点」と意識すると、ほかのいろいろなことの節目も重なることが多くなってきました。

 

今年は、娘のバレエのレッスン最終日が重なりました。

 

最後なので、先生や友達、そして一緒にレッスンしてくれた大人の方たちへ、ささやかですが、Thanks Cookieをプレゼントしました。

 

 

 

 ↑ シルエットのポーズは、発表会で娘のソロのなかにあった「グラン・ジュテ」を選び、文字入れ部分は「Thank  you」にしました。ポーズも言葉も選べるので、バレエ関係のプチギフトにお勧めです。

 

 

最後だから、ということで、先生が、いつもは親は見ることができないレッスン室に入れてくださいました。

 

「これで娘のバレエを見るのも最後かなぁ(T-T)」

 

と、センチメンタルママンになっていると、

あれ?

先生も泣いてる…。

 

そして、レッスンが終わるとき、

 

「今日で、◯◯(娘)ちゃんは最後なんだけど、これから受験で勉強頑張るんだけど…。でも、私はFamilyと思ってるからね。いつでも帰ってきてね。先生はいつも味方だよ!」

 

と言って、娘をハグしてくださいました。

 

 

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

そして、私のところにも、

 

「ママちゃ〜ん!」

 

と飛んできて(笑)、

 

「いつもいつも、ほんとにほんとに、いっぱいいっぱいありがとうございました!」

 

と言って、私のことまでハグしてくださいました。

 

 

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

せ、先生〜!

こちらこそ、たくさんたくさんお世話になりました!

先生の明るく楽しいレッスン、大好きでした!

先生のクラスでなかったら、うちの娘は続けられていなかったと思います。

 

 

やっぱり、大変だったけど、良いこともあって。

ぶつかった時もあったけど、信頼は育っていて。

バレエからも、先生からも、仲間からも、離れることはやっぱり寂しい(´༎ຶོρ༎ຶོ`)。

 

 

でも、

でも…。

今回はもう、未練でズルズル続けたりしないと決めたのです。

受験も頑張りたいからです。

戻ることがあるとすれば、受験を乗り越えてから。

そこは、どうしても譲れないところ。

寂しいけれど、前に進まないと!

 

 

レッスンが終わって、大人のみなさんにも

 

「受験、頑張ってね!」

 

と声をかけていただき、

 

「こちらこそ、お世話になりました。」

 

とご挨拶して、車に乗りましたが、そのまま帰るのも寂しくて、急遽、美容院へ。

 

発表会のためにずっと伸ばしていた髪の毛をカットして、形からでもいったんバレエを吹っ切ろう、と思ったのです。

 

バレエを辞めると前髪を作る子がいますが、うちの娘は、辞めても前髪は作らない派。いつも前髪を気にして直してなきゃならないのが嫌なんだそうですσ(^_^;)。

だから今日は、背中まで伸びていた後ろの髪を鎖骨あたりまでカット。

前髪は作らず、毛先に少しレイヤーを入れたのみでしたが、10センチは切ったので、だいぶ軽くなりました。

 

気持ちも、軽くなったかな?

 

髪が軽くなった娘を車に乗せて、これまでのことを思い出しながら帰りました。

 

もう来週から、この道を通ってバレエに通うことは無いんだ…。

 

 

「折り返し地点」の冬至は、今回は、バレエから受験へ、という転機に当たりました。

 

これは、つらい別れではなくて、発展的解消というやつです。

寂しいけれど、前を向いて次のステージへ!

 

 

夜はかぼちゃを食べて、元気だすぞー!