ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

プランB

スポンサーリンク

子どもの習い事は、始める時期と辞める時期、お月謝の予算、送迎の有り無し、必要以上の負担になっていないか、あるいは、やる気もないのにダラダラ続けたりしていないか、常に観察し、考えています。

(例えば、娘のバレエは、今が最大の頑張り時ですが、発表会が終わったら、いったん辞める予定です)

 

 

でも、自分の習い事(カリグラフィー)は、もともとカルチャーセンターで月に1回だけなので、なかなか進歩が見られないのが、ちょっとな〜σ^_^;と思っています。

 

www.mamannoshosai.com

 

 

本当なら、先生に習うのは月に1回でも、次回までに練習して行けば、進歩も早いのだと思います。でも、自宅で練習する時間はおろか、月に1回のレッスンにさえも行けない時がある!!!

(先月はトゥシューズ購入の日と重なって、行けませんでした。こんな感じで、結構子どもの用事と被ってしまうことがあります)

 

 

…なかなか進まないし、たいして上手くもならないし、めんどくさくなってきちゃったな〜。もう、辞めちゃおっかな〜…。

 

 

カルチャーでやっていると、休んでも返金されないし、振り替えも無理なようだし、お金ももったいないし…作品展とか言われると、かなり負担だし…(−_−;)。

 

 

ここ最近、地味〜に悩んでいたのです。

 

 

 

「今日で辞めます。」

 

 

そう言おうかなと、ブルーな覚悟をして、重い足取りでレッスンへ行きました。

(何事も、始める時より辞める時の方がエネルギー使いますよね)

 

 

そしたら、そんな日に限って、フローリッシュと呼ばれる文字の装飾部分を習ったり(これが入るとグンとカッコよくなる〜(*≧∀≦*))、新しい書体に入った人がいて面白そうだったりして、辞めるのも惜しくなってしまったのです。

 

 

道具も買ってしまったのもあるし…もうちょぅとやろうか…。

でも、やったところで仕事になるほどでもないし、時間とお金の無駄かもしれない…。

でもでも、何の得にもならなくても、私にとっては家事育児仕事から離れられる貴重な時間だし…。

 

 

またまた紆余曲折。

 

 

うねうね、くよくよと悩んだ結果、今後はカルチャーではなく、先生のアトリエのフリーレッスンに行くことにしました。

 

 

先生のアトリエならば、月イチ以上の間隔が空いてもよく、希望の日時と、レッスン開催日が合うところに行けばいいのです。

お金も、レッスンを受けた日にしか発生しません。

カルチャーで続けるのが難しくなった人たちは、フリーレッスンに移る人が多いのだそうです。

 

 

そっか…そういう続け方があったか。

 

 

もう、続けるか辞めるか、イチかバチか、ハンかチョウか(あれ?違う???)みたいに思いつめていたので、思わぬプランBが出て来て、拍子抜けでした。

 

 

物事には、思わぬ解決法があるものだなあ。

 

息子の塾も、高校生になってからの負担が大きくて、続けるべきか辞めるべきか迷っていたけれど、休会、とか、集団を個別に変えて曜日も週末に変える、とか、何か別の、形を変えて続ける方法があるかもしれません。

今月末の塾の面談で相談してみようと思います。

 

 

 

私はもともと、何かを派手に手広く広げて手に負えなくなるのが怖いので、人付き合いも、庭も、仕事も、習い事も、ちまちまっとしかできません。

 

最初から、辞めやすいように始めてしまう癖があるというか…。

 

でも、慎重に始めたはずなのに、疲れてくると、すべて投げ出したくなってしまいます。

かといって、スッパリ切る勇気も出ないんですよねσ^_^;

 

 

 

そんな時、「プランBがあるかも!」という発想を持つことは、大事かもしれません。

(白か黒か、ではなく、白黒ストライプにする道があった!とかね)

 

今回の、「習い事しんどくなっちゃったモヤモヤ事件」(笑)では、そのことを学びました。

 

 

 

今更なのですが、お目汚しですみません↓。

 

昨年、習い始めてすぐに作品展があり、初めて習っている書体(イタリック体)の、小文字すらすべて習い終えていないという状況で、大文字も入っているワードを無理やり仕上げた作品です(笑)。

(クリスマス前だったので、「Noel」で行きましょう、ということになったんですよね〜)

 

 

 

 

「Noel」2パターン(柊とリース)

 

f:id:mamannoshosai:20180914182106j:image

 


f:id:mamannoshosai:20180914182109j:image

 

 

販売物として作った栞「merci🎀」と「Noel🎄」

f:id:mamannoshosai:20180914181725j:image

 

 

初心者感丸出しですみませんσ^_^;

文字だけでなく、柊やツリー、リボンやリースなども、すべてペンのみで描いています(ペン先の太さは2種類使っていますが)。

 

作品展の会場は撮影禁止だったので、写真は、飾る前の平置きしか残っていません。

もちろん作品展では、壁に掛けていただきました。

 

 

そして、販売物は、

 

「私のような初心者が販売物を作るなんておこがましいです〜:(;゙゚'ω゚'):」

 

と、お断りしたのですが、先生が、

 

「まぁ経験だと思って、何か作ってみて〜。」

 

とおっしゃったので、必死で作りました。

 

息子の受験と並行していたなんて自分でも信じられませんが、とにかく、どちらも必死でした…。

 

この程度のものでも、お金を出して購入してくださった方がいらして、ただただありがたかったです。

(買ってくださった方々、ありがとうございました!)

 

 

今は、上↑の作品よりも小さな細いペン先で、少し長い文章や数字、飾り罫などを習い始めました。

 

いつまで続けられるかわからないですが、せっかくプランBが出てきたので、ほそぼそと、ゆっくり、無理せず、もう少し続けてみようかなと思います。

 

ゴシックとか、カッパープレートもやってみたいのですが、そこまで行くにはかなりの年月がかかりそう。

しかも、次の作品展まで続けていたら、今度は娘の受験と並行することになっちゃうんですよね〜( ̄◇ ̄;)。

 

 

プランB、どうなるかしら( ̄∇ ̄)……。

乞うご期待(笑)!