ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

旅行のお土産

スポンサーリンク

先日、息子が関西方面へ修学旅行に行ってきました。

遊び要素はほぼ無い、真面目〜な4泊5日。

楽しみというよりは、面倒臭いといった様子で、まるで気の乗らない出張に出向くサラリーマンのような哀愁を背中に漂わせて出かけて行きました(笑)。

 

高校生男子が1人家にいるのといないのとでは、こんなに違うのかと改めて驚くくらい、息子が居ない5日間は、生活が楽でしたσ(^_^;)。

洗濯物も少ないし、朝も6時に起きればいいし(普段は4時半だからとてもゆっくりに感じる!)、夜も21時過ぎに塾の迎えに出る必要もない。

リビング中にプリントが散乱することもなければ、家中のお菓子を食べ尽くされることもない(笑)。

 

ちょっと寂しかったけれど、意外にも

 

「なんて楽チンなのかしら〜(*゚▽゚*)!」

 

と思いながら過ごしました。

 

帰ってくる日は、嬉しい反面、

 

「あ〜、きったない洗濯物、のっちゃりと持って帰るんだろうな〜(−_−;)。」

 

と、若干憂鬱に(苦笑)。

 

 

案の定、きったない洗濯物をのっちゃりと持ち帰って、

 

「疲れた。い〜や、疲れた囧rz…。」

 

としか言わず、土産話もそこそこにお風呂に入ってバッタリと寝てしまった息子_(:3 」∠)_。

 

祖父母へのお土産は、事前に郵送の手配済みでした(最近の修学旅行のお土産は、事前申し込みの郵送システムが多いのでしょうか?)ので、本当に汚れ物しか持ち帰らなかった…。

妹には何かキーホルダーを買ってきていましたが、親には何もないのかね?

 

「お土産は、特に何も要らないからね。」

 

とは言ったものの、本当に何もないのか、息子よ!?えぇ!?

 

と、少ししょんぼりした気持ちでその日は寝ました。

 

翌日は学校が代休だったので、歯医者〜耳鼻科〜と、普段行けない病院のハシゴ。

その途中で、息子とランチを食べることになりました。

高校生男子ですから、オサレなお店など希望するわけもなく、とりあえず肉( ̄^ ̄)ゞ。

 

ハイハイと焼肉やさんでランチすることにしました。息子と2人でランチなんて滅多にないことだから、奮発よψ(`∇´)ψ!

 

f:id:mamannoshosai:20181206094728j:image

 

お店で席に着くと、まずスマホ。

ハイハイ、そうだよね、スマホだよね…。

 

「ねぇ……スマホはいいからさ、旅行のお土産話とか、無いの?」

 

「…うーん…まぁ…面白かったよ…(スマホいじる)。」

 

 

んまー!

なんてテキトーな返事( ̄◇ ̄;)!

 

 

「…何が面白かったの…?」

 

「え〜?…◯◯君が〜ホテルの部屋で〜変な踊りを踊ったり〜……(スマホいじる)……。」

 

「……踊ったり〜…、…で?  それで?……。」

 

「え〜、あとは〜、商店街の人とか〜外国人に話しかけたりとか〜(スマホいじる)(上の空な返事)。」

 

「あぁ、フィールドワークね。インタビューすることになってたやつね。」

 

「うん。それ。」

 

「あとは?」

 

「忘れた。めんどくせぇ(スマホいじる)。」

 

( ̄◇ ̄;)

( ̄◇ ̄;)

( ̄◇ ̄;)

 

あぁ、そうですか。苦労して旅費を積み立てた親には、土産話をするのもめんどくせぇわけだな(`_´)!

 

「あ、そう。じゃあ、肉は無しね。すいませーん!注文キャンセルでお願いしまー(*゚▽゚)ノ……」

 

「うぁーΣ(゚д゚lll)!ったぁ〜!ちょ、ちょ、

わかった、わーかったから、喋るよ、喋りますよ!」

(ここでやっとスマホを置く)

 

「まったく…最初からそうすればいいものを!」

(胃袋を握ってるって、強いわぁ〜( ̄∇ ̄))

 

そこから、ああでこうでと、時系列グチャグチャのお土産話が始まり、結構分刻みで忙しかったことや、新幹線の中での友達や先生とのやりとり、自由行動の時にどこに行って何を食べたかなど、旅行中の様子を、少しですがうかがい知ることができました。

 

 

そして病院ハシゴツアーから帰宅すると、おもむろに、

 

「そういえば、土産買ったんだけど、出すの忘れててた。」

 

と言って、可愛らしい飴ちゃんを出してきました。

 

あるんかいな!

あるんならさっさと出しなさいよᕦ(ò_óˇ)ᕤ!

 

f:id:mamannoshosai:20181206094702j:image

 

「全員で寄る土産物屋は時間がなくてちゃんと選べないから、自由行動の時に見つけた店で買った。」

 

へぇ〜(*゚▽゚*)!

 

土産物屋さんでベタなお菓子を買うんじゃなくて、ちょっと小洒落たお店で、オサレなキャンディを買うだなんて、粋なことするじゃない!

 

「わ〜!お土産あるのね!?ありがとうヽ(´▽`)/」

 

「ブログに載せなさい( ̄ー ̄)。ばえるでしょ?」

 

「ばえるばえる〜(*≧∀≦*)!せんきぅ〜!」

 

そこからホクホクの私(((o(*゚▽゚*)o)))(笑)。

歯髄がまだ完治していないというのに、この可愛らしい飴ちゃんをガリガリと食べまくってます(息子も、母が歯髄治療中ということはあまり考えなかったようですね(^_^;)まぁ、しかたない、男子だから!)

 

何も要らないよ、って自分で言っといてなんですが、やっぱり、子どもからのお土産は嬉しいものですね(*≧∀≦*)!

物が何であれ、何かと忙しい旅行中に、少しでも親のことを思い出して、時間を割いて選んでくれたということが嬉しいのです。消えものだったので、残るように写真を撮りました(*^_^*)。

 

息子の旅行中は、

 

「こんなに生活が楽なら、息子が大学に行って家を出た後も、私、案外平気かも〜(*゚▽゚*)!」

 

と思っていたのですが、帰ってきた息子とのランチやお土産は少々ツンデレでも嬉しく、やっぱりまだもう少し一緒に暮らしたい、と思いました。居なくなったら、やっぱり寂しいかもヽ(;▽;)。

 

ちょっとセンチメンタルな感じになっちゃいましたが、息つく暇もなく、息子、またすぐ全国大会に行くのです。旅行ばっかり。

 

ハードな日程で体調を崩さないか、など、またまた心配は尽きませんが、今度はどんなお土産話(物も?)を持ち帰ってくれるのか、今から楽しみなママンでありますっ( ̄^ ̄)ゞ!