ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

リビング学習の辛いところ

スポンサーリンク

我が家は、リビング学習です。

と言っても、リビングに学習机を置いているわけではないので、子どもたちは、だいたいリビングのローテーブルで勉強していますが、飽きてきたり、腰が痛くなったりすると、ソファに座ったり、ダイニングテーブルに移動したり、畳エリアに寝転んだりと、いろいろと場所や体制を変えて勉強します。

 

f:id:mamannoshosai:20181124181042j:image

 

学校のテスト続きで「勉強祭り月間」の今月、

 

「リビング学習だと、こういう時、ちょっと辛いんだよねーσ(^_^;)」

 

ということが出て来ました。

 

 

使いたい場所が家族全員で集中してしまったとき

 

例えば娘がローテーブル、息子がダイニングテーブル、夫がソファ、私がキッチン、など、使う場所が分散されている時は何も問題ありません。

 

でも、例えば、息子がダイニングテーブルで課題をやっている時、夫がダイニングテーブルにやってきて、お煎餅などをボリボリと食べ始める(デリカシーなし(`_´))その音を聞きつけて、娘もおやつにありつこうとやってくる、すると息子は、勉強に集中できなくなるか、勉強をやめて自分もおやつタイムに突入してしまう…というような事が起こります。

 

あるいは、私がダイニングテーブルで仕事をしていて資料を盛大に広げている時、子どもたちも副教材を盛大に広げないといけない宿題がある、なんていう時は、混み合って大変です。

子どもは、

 

「ローテーブルだと狭くて広げきれないから。」

 

と言ってダイニングに来るのですが、ダイニングテーブルももう私の資料を広げてしまっていて、

 

「今ちょっと動かさないで!」

 

という時もあるので、ダイニングテーブル争奪戦のようなことになるのです。

 

ご飯の時はいったん片付けなければならない、という難点も、ダイニングテーブルにはありますね。

 

 

 

それから、私がソファで本を読んでいる時、ローテーブルで腰が痛くなった息子あるいは娘がソファに移動してきて、ソファで教科書を読んだりし始めると、私は読書に集中できなくなる、ということもあります。

だから寝落ちするしかなくなるの。あは(*゚▽゚*)!

 

 

そして、子どもたちのどちらかが畳エリアに寝転んで勉強していると、正直、非常に邪魔です(笑)。

子どもたちが小さい時は気にならなかったのですが、最近はもう体が大きいので、四角い畳エリアに対角線のように寝そべられると、もはや歩く場所がない!!!

 

 

もうリビングに学習机を置きなよ、って話なんですが、机なんて置いたら、狭いリビングがさらに狭くなります。

ホワイトボードだけでもかなり場所を取っているので、これ以上大きな家具はリビングには置けません(T-T)。

 

 

親がテレビを観るなどしてくつろぎたいとき

 

これは、リビング学習のご家庭ではあるあるなんじゃないかと思いますが、子どもたちが勉強している時は、親がテレビを観たくてもつけられないんですよねσ(^_^;)。

録画やタブレットを駆使して、観たいものはいずれ観るのですが、「テレビを観てだらだらしたい」という雰囲気が出せない、ということが、結構辛いんですよね〜(−_−;)。

 

子どもが勉強している時は、親も子どもの勉強を見たり、何か学ぶ時間にしたりすればいいと思いますし、そうできる時はそうしてきました。

でも、子どもが一人でやりたい時もありますし(「ママちょっと黙ってて」的な)、第一、自分が休みたいモードの時に、勉強だの学びだのというややこしいことは考えられません(笑)。

 

 

でもでも、だからといって、子どもがリビングで勉強しているときに親が別室で好きなことして遊んでる、ということを日常化してしまうと、だったら子どもは子ども部屋で勉強し、親はリビングでくつろげばいいじゃん、という話になってしまいます。

 

「子どもは家族の気配のあるところで勉強し、親も子どもに目配りができて、必要なら教えてやったり一緒に考えてやったりできる。」

 

というリビング学習の意味がなくなってしまう。

 

 

我が家は子どもたちが中学生と高校生で、テスト対策の期間が微妙にズレて長引くために、こういうことになるわけですが、テスト期間以外の時は、そこまでの不便は感じないんですけどね。

 

今回も、息子の定期テストは終わりましたが、娘のテストが来週なので、この3連休も娘は勉強モードです。先週末は息子の追い込みでしたし、今週末は娘の追い込み。

テレビを観てダラダラすることが出来ない週末が続いています。

 

 

勉強する人とくつろぎたい人が同じ空間に長時間居るということが大変なので、

 

「ママさ〜、ちょっとアイロンかけてくるね〜。」

 

と言って別室にアイロンがけをしに行って、終わってもすぐには戻らず、ちょっとツムツムで遊んだりしてます(笑)。

夫は、ちょっとガソリン入れてくる、と言って出かけて、どこか寄り道してることも知ってます(笑)。

 

子どもの学習環境を整えるって大変ですね。

 

 

は〜、ぶっちゃけ、しんどいわ〜( ̄◇ ̄;)!

 

早くテスト終わってくれ〜( ̄◇ ̄;)( ̄◇ ̄;)!!!