ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

週報ママン2021年4月第2週

スポンサーリンク

ここ数日は、子ども達の学校の時間がまだ不規則で、私も毎日出かける用事が入り、両親の買い物にも付き合ったりしていたので、Blogを開く時間がほとんどありませんでした。

おまけに、昨日ONE OK ROCKの新曲MVフル・バージョンが公開されたり、今日がTakaのお誕生日だったりで、んもう、忙しいったらないんですのε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘!

 

なので今日は、今週のトピックスをランダムに書いて終わる週報ママン」にしたいと思います。

 

f:id:mamannoshosai:20210417161435j:image

 

 

 

予備校から「禁煙」のお達し

 

刹那の予備校は、連絡のほとんどが、生徒本人とのメール連絡のようです。

 

「予備校からのメールを受信できるような設定にしてください。」

「返信が必要なメールには、必ず返信してください。」

 

というようなお知らせは、メールでもプリントでも来ていました。

 

でも、先日配布されたプリントに、

 

「本校の生徒は、たとえ吸える年齢に達していたとしても、禁煙です。」

 

と書いてあったのには、ちょっとビックリしてしまいました。

 

…そうか、そうよね…。

法的には、煙草が吸えてしまう年齢の受験生がいても、おかしくないんだわ…。

 

そういえば、若かりしママンが大学生になった時も、先輩方の中に煙草を吸っている人がいて、

 

「大人だわ~(゜-゜)!」

 

と、軽いカルチャーショックを覚えたものでした。

 

刹那に聞いてみたところ、予備校ではまだ煙草を吸っている人を見たことはないけれど、共通テストの会場にはいたそうです。

 

確かに…煙草をふかす行為は受験生のイメージにはいささかそぐわないものですが、煙草が吸える年齢の大人が大学を受験すること自体は、何らおかしくはないですもんね。

 

予備校が禁煙をルールにする理由としては「記憶力が低下する」ことや「煙草の匂いや煙は学習環境として好ましくない」などが挙げられていました。

予備校は勉強さえしていれば何も言われない所かと思っていたので、一応禁止事項があることに、

 

「ほぉ~(゜-゜)。」

 

と思ったママンなのでした。

 

   

 

ぼやきにも笑いや希望を含ませて

 

3月末から、予備校のお金、刹那のスーツ&礼服&私服、ぽやんちゃんの教科書代、(書いてませんでしたが)庭師の礼服の買い替え、炊飯器の買い替えなど、諭吉さんがどんどん出て行っているのですが、4月も思い年貢に苦しむ月です。

 

固定資産税よね~(-"-)。

 

先日、払ってきました。

そのうち自動車税も来ますね。

あぁ、そのあとはの車の車検もあるんだった…。

庭師の車もそろそろ寿命…。

ぽやんちゃんの歯にもお金がかかってる…。

 

毎年、この時期はどうしても、山上憶良や石川啄木ばりにぼやきたくなっちゃうのですが、せっかくONE OK ROCKの新曲も出たことですし、頭の中でリフレインさせるのは、「貧窮問答歌」でも「働けどはたらけど…ぢっと手を見る」でもく、勇気づけられるワンオクの方にしたいと思います。

 


www.youtube.com

 

↑ 一昨年には出来上がっていたというこの楽曲ですが、歌詞が今の時代にぴったり。

そして、強い気持ちにさせてくれます。

 

同じように現状をぼやくにしても、少しでも笑いや希望を含んだそれにしたいものですね。

 

以上、今週の週報ママンは、これで終わり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校生のいる暮らし

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 本と共にある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

 

スポンサーリンク