ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

行事の秋

スポンサーリンク

我が家の周りに、トンボが飛んでいます。

秋ですねえ。

 

秋になると、必ず「〇〇の秋」と言われますね。

読書の秋、食欲の秋、芸術の秋、とかいろいろ……。

 

食欲は年がら年中あるので(笑)特に秋だけのものではないし、読書の秋にもしたいけど、本を開く時間がない……。

 

我が家の秋は、「行事の秋」です。

 

とにかく子どもの学校は文化祭やら何やら行事行事、地区も行事行事……。

子どもたちは、学校の文化祭関係と、塾やら模試やら説明会やら面談やら検定やら習い事やらで土日がまったく無く、私も仕事の締め切りが迫ってきているところに、そろそろ学校の役員仕事にも呼ばれそうな気がしています。

 

 

私の習い事のほうも、今年の秋は作品展があるそうで、私はまだ習い初めで作品に仕上げられるほどのものではないし~と気楽に聞いていたら、

「ママンさんも出してみない?(ていうか出してね)」

と先生から言われ、

「……は、はい~。」

とお返事してしまいました(苦笑)。

 

 

ひー!!!

 

 

仕事に、子どもの諸々に、作品まで仕上げなきゃならないのかー。そして作品展当日も、会場に常駐するお当番もあるようで……。

 

 

どうして私、こんなに忙しいときに自分の習い事なんて始めてしまったのか……と、自分に呆れます(苦笑)。でも、

「いつかいつかと思っているうちに、やれるときを逃し続けるのだから、エイッと飛び込まないと一生習えない!」

という気持ちになってしまったんですよ、あのときは……。そして、エイヤッと飛び込んでしまったのです(笑)。

 

こんなに忙しいなか作品を作るのですから、せめて「芸術の秋」だと思って、素敵な作品に仕上げたいものです。

 

 

 あー、また思い出した……。

地域の祭りもあったじゃん……。

公園の草刈りもあったじゃん……。

はあ~(溜息)。

 

どこまで行っても行事に次ぐ行事で終わりが見えません。

 

学生の頃は、秋になると、

「とりあえず秋だから栗は食べなきゃ!」

などと言って、モンブランを食べに行ったり(笑)、トレンチコートだ、ニットだとショッピングにくり出したり、楽しかったなあ。

 

でも今は、行事に追われているうちに、あっという間に冬になっています。トレンチコートなんて、最後に着たのはいつだったかしら(苦笑)。

 

 

ああ、仕事に関係ない本が読みたい。

モンブランでも食べてゆっくりお茶を飲みたい。

 

もうちょっと、秋を堪能する「心の余裕」が欲しいですね。