ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

『思うとおりに歩めばいいのよ』(ターシャ・テューダー)

スポンサーリンク

前回の記事で、引用部分の出典が曖昧だったので、今日は補足記事という感じで書きたいと思います。

 

前回、

「主婦だってキッチンでジャムを煮ながらシェークスピアを読むものよ。」

というような意味のことを、ターシャ・テューダーさんという方がおっしゃっていると書きました。

 

この素敵な言葉が載っているのは、

ターシャ・テューダーの言葉  思うとおりに歩めばいいのよ』

という本です。

  

思うとおりに歩めばいいのよ (ターシャ・テューダーの言葉)

思うとおりに歩めばいいのよ (ターシャ・テューダーの言葉)

  • 作者: ターシャテューダー,Tasha Tudor,Richard W. Brown,食野雅子,リチャード・W.ブラウン
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 10人 クリック: 22回
  • この商品を含むブログ (59件) を見る
 

 

挿し絵画家であり絵本作家であり、ガーデナーでもあったターシャさん。この本には、ターシャさんが作った素敵なガーデンや、彼女の暮らしの様子を切り取った写真とともに、ターシャさんが残した言葉が収められています。

 

先に引用した言葉は、

主婦は立派な職業よ。なにを恥じることがあるでしょう。主婦だから学問ができないなんてことはないわ。ジャムを煮ながらシェークスピアを読むことだってできます。(一部抜粋)

 

というものです。

 

今はもう他界されてしまいましたが、私がこの本に出会ったときは、まだご存命でいらっしゃいました。ターシャさんの優しい画風が気に入って、子どものために絵本を何冊か買いました。そのうちに、ターシャさんの生き方にも興味がわいて、エッセイも買いました。

 

子どもたちがまだ小さくて、自分の毎日が家事育児に追われるだけの日々に思えて焦りのような感情を抱いていたとき、ターシャさんの、自分の手で暮らしを作ることに誇りを持っている生き方に感銘を受けたのです。

「自分の能力が何も無くなってしまったように感じていたけれど、家事や育児も価値のある大仕事で、今の自分の生き方も、尊い時なのかもしれない。もっと誇りを持っていいんだ。」

と思えたんですよね。

 

 

下の娘が幼稚園に入り、日中、少し自分の時間が持てるようになった頃のことでした。近くでターシャ・テューダー展なるものが開催されたのです。

どうしても行ってみたくなり、チケットを買い、場所を調べて、行って来ました。

ずっと、スーパーと小児科以外家から出ない生活が5年くらい続いていたので、もうそれは大冒険以外の何物でもなく、とても嬉しくてワクワクして、

「たーのしー!」

と思わず声が出たことを今でも覚えているくらいです(笑)。

展示されている優しい絵をたくさん見て、グッズコーナーでスプーンと絵本を買って、久しぶりに満ち足りた気持ちで子どもたちのお迎えに行きました。

 

そんな思い出と一緒にしまってあった、ターシャ・テューダーさんの本たち。

 

昨日ふと思い出した言葉の確かなところを調べたくなり、今日は「ママンの書斎」の奥から、ターシャさんの本たちを引っ張り出してきました(笑)。

 

 

やっぱり、いいですね。

 ブックオフに売らなくてよかったです。

 

 

私はガーデニングはやりませんし、絵も描けませんが、主婦の生き方の偉大な先輩として、また、女性の素敵な歳の取り方の例として、ターシャさんには憧れます。

 

余談ですが、「ジャムを煮ながらシェークスピア」の他にも、とても共感した言葉があります。

家事をしている時、あるいは納屋で仕事をしている時、これまでの失敗や過ちを思い出すことがあります。そんな時は考えるのを急いでやめて、スイレンの花を思い浮かべるの。

というものです。

 

あるある、こういうこと!

私は、掃除機がけとかアイロンがけとか、洗い物をしているとき、しょっちゅう、自分の過去の失敗を思い出して凹んでしまいます。

主婦のみなさんは、こういうこと、多かれ少なかれ、身に覚えがあるのではないでしょうか?

 

このターシャさんの言葉に出会ったときは、

「私だけじゃないんだ!」

と、すごく安心しました。

 

そして、

「そっか、そういうときは考えることをやめていいんだ。何かキレイなものや可愛いもの、楽しみなことなんかを思い出せばいいのね。」

と、気が楽になりました。

 

私が好きなこの本はシリーズになっていて、あと4冊ほどあります。

 

 

楽しみは創り出せるものよ (ターシャ・テューダーの言葉 (2))

楽しみは創り出せるものよ (ターシャ・テューダーの言葉 (2))

  • 作者: ターシャテューダー,Tasha Tudor,食野雅子,リチャード・W.ブラウン
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (20件) を見る
 

 

 

今がいちばんいい時よ (ターシャ・テューダーの言葉 (3))

今がいちばんいい時よ (ターシャ・テューダーの言葉 (3))

  • 作者: ターシャテューダー,Tasha Tudor,Winslow Tudor,Richard W. Brown,食野雅子,リチャード・W.ブラウン,ウィンズローテューダー
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 136回
  • この商品を含むブログ (29件) を見る
 

 

 

ターシャ・テューダーの言葉 特別編生きていることを楽しんで

ターシャ・テューダーの言葉 特別編生きていることを楽しんで

  • 作者: ターシャテューダー,Tasha Tudor,Richard W. Brown,食野雅子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2006/12/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

最期のときを見つめて (ターシャ・テューダーの言葉 最終章)

最期のときを見つめて (ターシャ・テューダーの言葉 最終章)

 

 

 

ターシャさんは、どんな日でも午後4時になったらお茶の時間にしたそうですが、それも見習いたい習慣の1つです。毎日とはいかないけれど、とにかく忙しさで殺気立ってくる毎日、1日の中に、しばし立ち止まって一息つく時間を、意識して持ちたいなと思うのです。

 

 

 

さて、さっそく今日は、仕事や作品作りもろもろタスクが山積みだけど、これから自分のために紅茶を入れて、ターシャさんの本を読み返しながら一息つこうかな……。