ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

2017-04-19から1日間の記事一覧

『物語ること、生きること』(上橋菜穂子)

壮大な児童文学を描く作家であり、アボリジニを研究する文化人類学者としても有名な、上橋菜穂子さん。我が家でも、『獣の奏者』や「守人シリーズ」など、親子で読んできました。 獣の奏者 全5冊合本版 (講談社文庫) 作者: 上橋菜穂子 出版社/メーカー: 講…

スポンサーリンク