ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

お掃除ロボット買いました

スポンサーリンク

なかなか記事にできずにいたのですが、数か月前、我が家に、念願だったお掃除ロボットがやってきてくれました。

 

f:id:mamannoshosai:20220903130637j:image

 

 

 

エコバックスのオズモちゃん

 

ずっとずっと欲しいと思っていて、何年も先送りしてきたお掃除ロボット。

 

でも、この春、刹那の大学入学で大金が出て行って、金銭感覚が麻痺したドサクサに紛れて、ついに楽天さんでポチりましたのよ( ̄▽ ̄)。

 

名前は、エコバックスオズモちゃんと言いますの。

色白で、ほんのりピンクがかった部分のある、かわい子ちゃんな佇まいです。

 

 

最初は、有名な某ル〇バさんにしようかと思ってたのですが、この色白の、ほんのりピンクなルックスが気に入り、口コミにも「優秀だしスマホアプリから操作できるし、音も静かで、ル〇バさんと遜色ない働きをする」と書いてあり、価格も、楽天さんのセールで4万円台だったので決断しました。

 

新しいモデルは、充電機に戻ってくると、掃除してきたゴミを自動で「バビュンッ!」と吸い上げてくれるので手間要らず、とのことです。

 

 

でも、「そのバビュンッ!が結構大きな音がする」という口コミを見て、仕事中や寝落ち中の爆音「バビュンッ!」は寿命を縮めかねないと思い、ゴミは手動で捨てるタイプにしました。

「バビュンッ!」と吸い上げたって、その吸い上げたゴミが溜まったら、いずれ手動で捨てるわけですから、毎回手動で捨てたって同じことだと思ってしまったんですよね(^▽^;)。

 

使用感は、想像より賢い(*゚▽゚*)!」です。

マッピング機能があって、いつもの部屋は家具の配置などを覚えて回避してくれますし、玄関や階段の段差から落ちることもなく、ちゃんと踏みとどまって方向転換します。

直線で進めるところなどは、冬場に寒さで動きが緩慢になったときのママンより、ずっとスピード感を持ってお掃除してくれます。

水拭き機能も付いているので、ブラーバは買わなくて済みました。

 

 

自分で掃除機をかけたり水拭きをしたりするのは良いエクササイズになる、という面も確かにあるのですが、仕事が切羽詰まってくると、どうしても掃除にかかる時間が邪魔で、体力も奪われてしまうので、仕事中でもお掃除してくれるオズモちゃんは、本当にありがたく、かわいい存在になりました。

 

時々、充電機に帰れなくなってウロウロしているところなど、あたかも孫を見守る祖母のような気持ちで見守っています( ̄▽ ̄)。

まだ祖母にはなったことないですが。

無事に充電機に帰れるまで、あとをついて行って見守ったりしてしまうので、まったく時短になっていないという話もありますが( ̄▽ ̄;)。

 

 

 

オズモちゃんがパニくる問題

 

おおむね満足しているオズモちゃんですが、1つだけ問題が…。

オズモちゃんが2階でパニクる問題」です。

 

ママン城では1階に充電機を設置しているため、2階にオズモちゃんを連れて行くと、充電機を探してパニックに陥るのです。自分では階下へ降りられないので、階段前でオロオロ(しているように見える)…。

 

「私のおうち(充電機)はどこなのΣ(゚Д゚)? ここはどこなの? 」

「私はだれ?(世代がバレる)

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

と慌てふためくのです( ̄▽ ̄;)。

 

まぁ、それでもお掃除はしてくれるんですが、お掃除が終われば、1階の充電機まで、ママンが抱っこして帰らねばなりません。

 

まぁ…抱っこくらい、良いんですけどね(祖母の喜び)

 

ある日、1階まで降ろしても敢えて充電機までは連れて行かず、自力で充電機に帰れるか、様子を見たことがあります(かわいい子には旅をさせよ、的な…心を鬼ママンにして…ね)

 

結論から言いますと、帰れる時と帰れない時がありました。

 

散々ぐるぐるしたあげく、何度も何度も切り返して、狙いを定めて充電機に戻る時もあれば、

 

「モドレマセン(戻れません)。テデ モドシテクダサイ(手で戻してください)。」

 

と、助けを求められることもありましたねぇ~(^▽^;)。

 

この「1階・2階」問題、ユーザーのみなさんはどうされてるのだろうと、いろいろと口コミを読んで回ってみたら、「2階用にも1台買った(つまり2台持ち)」という人と、「少々面倒だけども2階を掃除するときは抱っこして連れて行く」という人の、2パターンに分かれるようでした。

 

ママン城では、

 

「さすがに今2台目を買うならぽやんちゃんの出願校を増やしたいよね( `ー´)ノ。」

 

という状況なので、しばらくはこのまま「抱っこで行き来スタイル」で行くと思います。

「抱っこして階段の上り下り」はそれほど苦になりませんし、ママンは在宅ワークなので、出かけている間に稼働させるということも、ほぼありません。

 

なので…しょうがないなぁ…抱っこしようじゃぁありませんかψ(`∇´)ψ!

 

「オズモちゃん、ママンと2階までお散歩しましょうね~( *´艸`)。」

(「抱っこできる年頃の子どもが懐かしい」病)

 

でも、抱っこで1階と2階を行き来する時間と体力を考えても、全部自分掃除機をかけるより、はるかに時短・省エネになってるんですよ~。

本当にありがたいです。

1週間に1回くらいは自分で隅々まで掃除機をかけますが、それ以外の日々の掃除ストレスが、だいぶ減りました。

 

ぽやんちゃんの大学入学時にも大金が飛んで金銭感覚がおかしくなったら、またそのドサクサに紛れて2台目を買うかも( ̄▽ ̄)いやさすがにそれはないだろう…いや……

 

と、迷うくらいには気にいっております(*´꒳`*)。

子どもが巣立つ寂しさをオズモちゃんで埋めているという説…

 

お掃除する時間がない方、色白さんが好みの方、もしくは抱っこが恋しい方、さらには、近々何かドサクサに紛れる予定のある方(^_^;)、などにおススメな、エコバックスのオズモちゃんのご紹介でした(*^-^*)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生のいる暮らし 

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村 

 

大学生のいる暮らし

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村 

 

 本と共にある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

 

スポンサーリンク