ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

「何かあったらLINEしろ」と「何もなくてもLINEして」

スポンサーリンク

先週は、定期通院やタイヤ交換などをこなし、本業の仕事を入稿したり寄稿記事を書いたりしているうちに、あっという間に日々が過ぎ去っていきました。

寒の戻りも結構激しかったので、疲れの回復も遅かった…_| ̄|○…。

そんなこんなで、

 

もはやこのBlogは、「ママン週報」なのでは?

 

と思うほどの更新ペースになってしまっています(^_^;)。

 

…お休みする前は、どうやってBlogの時間を作っていたんだっけかな(゜-゜)?

 

…すべては、忘却の彼方でございます。

 

 

 

「何かあったらLINEしろ」

 

刹那が巣立つ日、

 

ぽやんに何か言うことはないの?」

 

と聞くと、

 

「受験に関しては、文理が違うからアドバイス的なことは何もないけど…まぁ…何かあったらLINEしろよ。」

 

とだけ言って去っていきました。

 

あらいやだ、なんかちょっとカッコイイんですけど(≧▽≦)!

(↑ バカ親)

 

ぽやんちゃんは、想定以上に苦戦する刹那の長い戦いを見てきたので、大学受験(一般選抜)の厳しさは身に染みているはずです。

推薦を受ける気はなく一般受験に挑もうとしているため、すでに顔つきが険しく、「受験生」になってきたぽやんちゃんです。

息切れしたり、メンタルが苦しくなったりした時、LINEできるがいるって、いいなぁと思っちゃいました。

まあ…あのですから、とんちんかんなアドバイスが返ってくる可能性も大ですがσ(^_^;)。

 

ぽやんちゃんは文系なので、理系の刹那より卒業後が心配です。

なので、「出口(就職や院進)に強い」という観点でも大学を調べています。

(入る時の偏差値が高くても、出口に強いとは限らないんですよね)

大学に入った時点で燃え尽きて、大学生活は空っぽのボックスをくぐり抜けただけ、みたいなことになるのも避けたい…。

いろいろ情報を取りに行って、志望校選びは慎重にしようと思っています。

 

   

 

「何もなくてもLINEして」

 

には

 

「何かあったらLINEしろよ。」

 

と言い残して巣立った刹那ですが、今のところ、何かしらあってLINEをよこすのは刹那の方です(^▽^;)。

 

まだ毎日が初めてのことばかりで、

 

「教職取るのに教職課程代を大学の口座に振り込まないといけないんだが…振り込みってどうやるの?」

 

とか、

 

「光熱費って、どうやって払うことにしたんだっけ?」

 

とか、

 

「米を炊いた( ̄▽ ̄)。」

 

とか、

 

いろいろなLINEをよこします。

 

庭師には

 

「なんちゃらのPDF化ってどうやるんだっけ?」

 

というようなPCまわりの質問LINEが来ているようです。

 

f:id:mamannoshosai:20220417112206j:image

ふ…振り込みって…どうやるんだー!?

 

新しい生活に慣れてきたら、親への質問LINEはだんだん減って、友達とのLINEが増えていくんでしょうけど、今はまだ、LINEをくれた方が暮らしを想像しやすいので、素直に嬉しいです(*^-^*)。

 

コロナも心配ですが、今年度は今のところ対面授業がだいぶ復活しているので、大学では友達も増え(女の子も!)、少しずつ暮らしも安定してきているようです。

サークルはまだ迷い中だとか…。

 

刹那はSNSを全然やらない人(情報収集のためにたまに見たりはするものの、リア充・キラキラ発信などには全く興味がなく、つながりすぎるのも面倒くさい人)なので(^▽^;)、の暮らしの様子を知るすべは、本人からのLINEだけ。

 

だから、ママンとしては、刹那には、

 

「何かあったらLINEして。」

 

ではなく、

 

「何もなくてもLINEして( `ー´)ノ!」

 

と言いたいのが本音です(^▽^;)。

 

まだまだ「絶賛!社会勉強中ψ(`∇´)ψ!」刹那ですから、ときどき、

 

そんなことも知らなかったのか…_| ̄|○…。

 

と脱力してしまう質問LINEもありますが、「すべては自分の育て方の結果」と思って受け止める所存でごさいます(^▽^;)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生のいる暮らし 

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村 

 

大学生のいる暮らし

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村 

 

 本と共にある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

 

スポンサーリンク