ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

ママ元気出して(寄稿のお知らせNo.34)

スポンサーリンク

今日は、久しぶりに、寄稿のお知らせです。

 

なんだか最近、気づけばこんなことばかり書いてるなと思いますが(^_^;)、加齢にまつわるトホホな出来事を、ママ広場さんに書かせていただきました。

 

f:id:mamannoshosai:20210404170040j:image

 

 

 

ママは誕生日のたびに若返る

 

子ども達がまだ小さい頃、よく、

 

「ねぇねぇ、ママって何歳なの?」

 

と聞かれました。

 

その時、私はきまって

 

「ママはね、あなた達を産んでから、お誕生日のたびに1歳ずつ若返るようになったのよ。だから、今は17歳( ̄ー ̄)。」

 

と、適当なことを言っていました。

悪い母ですね〜( ̄▽ ̄)。

 

そして、その頃の、疑うことを知らない純真無垢な子ども達と、

 

「へぇ〜、そうなの、すごいねぇ(*゚▽゚*)!」(←単純を絵に描いたような刹那君)

「ママ…魔女なの((((;゚Д゚))))!?」(←物語の読みすぎぽやんちゃん)

「いいえ、ママはね、魔女は魔女でも、美魔女って言うのよ〜( ̄▽ ̄)。」(←極悪なうえ、厚顔無恥なママン

 

なんて会話を楽しんでいたんですよね。

 

そんな素直な子ども達も、さすがに大きくなってくると、

 

「そんなわけないだろう。」

 

と現実を認識したわけですが、

 

「ママはどう見ても17歳じゃないし、明らかに誕生日のたびに歳を取っているのに、若返るとはどういうことだろうಠ_ಠ?」

 

という、子ども達の納得いくようないかないような、微妙な表情を思いだすと、今でも笑えます( *´艸`)。

 

   

 

最近は慰められる誕生日

 

子ども達が中学生くらいの時、

 

「もうさすがに、誕生日のたびに若返るなどと言うのはやめるように( `ー´)ノ。」

 

とたしなめられ、

 

「すみませんでした<m(__)m>。」

 

と謝りました。

 

その後は、誕生日のたびに、

 

「はぁ〜、また歳取ったわ〜(−_−;)。」

 

とため息をついては、

 

「…まぁ…相対的には…若い方じゃね?」

 

と慰められたり、

 

「ママ、元気出して\(^-^ )。」

 

と、お菓子で励まされたりしています。

 

↓ そのことを書いた寄稿記事はこちらです。

mamahiroba.com

 

「相対的には…」とか、「元気出して…」などと言われると、

 

「それってやっぱり、ママンは、まごうかたなきBBAってことね〜(/ω\)。」

 

と、それはそれで加齢を思い知らされるわけですが(^_^;)、とりあえず、慰めよう、励まそうとしてくれる子ども達の優しさに感謝したいと思います。

 

可愛いババンを目指すのだ

 

確かに、子ども達の赤ちゃん時代の写真を見ると、ママンは…えぇ、今より若いですし、痩せてます( ̄ー ̄)。

 

でも、子ども達を育ててきて年齢を重ねたならば、まぁそれも良いでしょう、という気持ちです。

あちこち痛いとか、無理がきかなくなってきているのはやりきれませんが、歳を重ねること自体はそんなに嫌ではありません。

 

これからは、アンチエイジングよりハッピーエイジングで、可愛らしいババン(グランマと言うべきか?)を目指しますわヽ(´▽`)/。

 

ババンだと、BBNってことになるのかしら。

するってぇと、ママンBBAMMNで、可愛らしいBBNを目指す?

ややこしいわ〜(*´Д`)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校生のいる暮らし

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 本と共にある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

 

スポンサーリンク