ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

『育母書』(浜文子)レビュー

スポンサーリンク

※この記事は、2016年12月5日の記事をリライトしたものです。

 

浜文子さんの、『育母書』という本があります。

2008年に新装版(メディカ出版)が出されていますが、私が初めてこの本に出会ったのは、1999年発行のもの(立風書房)でした。

うちの子達が幼稚園に通っていた頃のことだったと思います。

 

 

 

「育児」ではなく「育母」とはどういうことか。

子育て何年目のお母さんにでも、響く内容の本だと思います。

 

 

 

追い詰められていた時の出会い

 

うちの子達が小さかった頃、とにかく体が弱くて、ちょっと風邪をひくと、病院に通っていても幼稚園を休んでいても、食べさせても寝かせても、何をしてもこじらせて入院まで行ってしまう、ということが続きました。

 

「ちゃんと食べさせてるの?」

「愛情が足りないんじゃない?」

 

周りからそんな言葉をもらうこともあり、

 

「きっと自分の育て方が悪いのだろう…でも、これ以上どうすれば?」

 

と、だんだん追い詰められて行きました。

 

そんな時に、書店でこの本が目に留まりました。

まずタイトルから目が話せなくなり、思わず手に取って中身をペラペラとめくっていくうちに、

 

「これは…買って帰らなくては!(=゚ω゚)ノ!」

 

と言う気持ちになっていました。

 

f:id:mamannoshosai:20170101164535j:plain

 

読んでみると、

 

「ありのままのあなたでお母さんをやればいい」

「子どもと一緒に母として育てばいい」

 

というようなことが書かれてあり、フッと気持ちが楽になりました。

 

数々の「育児書」に書かれている、「あるべき母親の姿」からはずれてしまう自分への焦りや情けなさを、わかってもらえた、という安堵を感じたのです。

 

それ以来、この『育母書』は、ずっと私の子育ての伴走者になってくれています。

 

   

 

「母は強し」は結果論

 

「母は強し」と、よく言われますが、私はこの言葉を言われるとプレッシャーに感じます。

 

子どもを身ごもったからといって、その日から急に強くなれるものではないし、「母性」も、身ごもったその日から急に備わるというものでもないんですよね。

 

私は、「母は強し」という言葉は、

 

「自分では普通にやったことが、結果として、他人から強いと評価された」

 

という結果論だと思っています。

 

私自身、子どもが産まれる前から、

 

母は強しなんだから、がんばりなさい。」

母は強しなんだから、このぐらい何でもないはずだ。」

 

と、どれだけの人に言われてきたかわかりません。

 

私もそうだったように、周りから「母は強し」を期待されるばっかりに、自分の不安や苦しみを言い出せず、心身の調子を崩す母親のなんと多いことか…。

 

「母は強しなんだから、家事も育児も立派にこなし、さらには自分にしかできない何かでキャリアも積んでキラキラと自己実現を…」

 

_(:3 」∠)_

 

むーりー_(:3 」∠)_。

 

「母は強し」を、結果論ではなく大前提として捉えていたから、苦しくてしょうがなかったんですよね(^▽^;)。

 

母親の自己実現は育児の中にも

 

でも、浜さんは、そんな気持ちを理解してくれます。

そして、ご自身も悩みながら子育てされてきた経験を語られ、寄り添ってくれるのです。

 

 「あなたのままで母を生きる

「女性の体とは、なんと哲学するように作られているのだろう。」

育児は科学ではなく文学です。」

「自分の青写真通りに人生を進行させることだけが自己実現なのではなく、育児の中で自己実現は始まっていると言いたいのです。」

赤・太字ママンによるものです。)

 

浜さんの、こんな言葉を読むうちに、

 

「自分の時間なんて全くない今の生活も、私の人生の欠かせない1ページなんだ。」

 

と思えて、楽になりました。

 

「なんだかうまくいっていないし、カッコ悪いし、キラキラには程遠いけれど…まぁ、しょうがない、今はそんな季節なんだから。」

 

と、「母は強し」という虚像を追わなくなりました。

 

人生が1つの物語だとしたら、子育てで悩みながら生きる日々も、1つの豊かな章である。

 

『育母書』に出会ってから、私は、母親になった女性の自己実現について、「育児と切り離されたところにあって、育児と両立するもの」だとは思わなくなりました。

 

母親の自己実現は、育児の中にも、ちゃんとある。

 

そんな想いも、このBlogを始めたきっかけの1つだったように思います。

 

 

『育母書』は、「母たるもの~であるべき」と母親を縛り付ける本ではなく、すべての母親に寄り添ってくれる本でした。

 

4年前の、このBlogの記事らしい記事としていちばん最初に書いた、『育母書』のレビューをリライトしてみましたが、今からすると、だいぶお堅かったですね~(^▽^;)。

今が砕けすぎだとも言う( ̄▽ ̄)。

 

でも、考えていることは、4年前も今もそんなに変わっていませんし、『育母書』は、今でもママンの書斎の特等席に置いてあるのです(*^-^*)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校生のいる暮らし

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 本と共にある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

スポンサーリンク