ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

「頼むから、生きてくれよ」~Online Liveレポ③~

スポンサーリンク

2020.10.11.Sat.  

ONE OK ROCK  2020

“ FIELD OF WONDER ” at Stadium Live Streaming supported by au 5G LIVE

 

アーカイブ配信も終わってしまい、すっかり抜け殻なママンです_(:3 」∠)_。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

前回、前々回に続いて、引き続き、ワンオクのOnline Liveレポです。

 

www.mamannoshosai.com

 

 

www.mamannoshosai.com

 

 

f:id:mamannoshosai:20201013084542j:image

 

 

 

 

「またきっと、会えるよね」

 

Live後半、あと2曲を残したところで、Takaは、こう言いました。

 

ほんとにいろんなものを失ったよね。

けど俺らはきっと、みなさんもそうだけど、これからたくさんのものを、その分手に入れていけると思います。

 

どうか、どうか、諦めずに、いつも僕らが言っているメッセージと全く同じですが、意味合いが少しだけ違う「前を向いて頑張ってください」を、今からラスト2曲にぶち込んで終わりたいと思います。

 

またきっと…またきっと、会えるよね。

俺はそう信じてます。

その日が来るのを、俺は待ってる。ずっと。

 

「またきっと…またきっと、会えるよね。」

「俺はそう信じてます。」

「その日が来るのを、俺は待ってる、ずっと。」

 

「頼むから、生きてくれよ」

 

最後から2曲目の『We Are』。

 


ONE OK ROCK: We Are [OFFICIAL VIDEO]

 

この曲の間奏部分で、Takaは、叫ぶように、こう言いました。

 

夢や希望なんて、あったもんじゃねぇよなって思った瞬間もあったよ、この期間に。

でもなぁ、俺らが前を向いている限り、それは絶対無くなんねぇから。

間違いなく、人に与える影響や、試練や、そして時代の変わり目がこんなんでいいはず絶対にねぇけどよ。

 

頼むから…頼むから、生きてくれよ。

絶対に、いろんなことを経験して、誰かにちゃんと愛してるって伝えてやってくれよ。

頼むぞ!

いいか、お前ら!

 

「頼むから…頼むから、生きてくれよ。」

 

うん。生きる。

一生懸命、生きるよ。

どんな時代でも(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)。

 

「必ず、この距離は縮まります。いつの日か。」

 

そして、ラストの曲『Wasted Nights』。

 


ONE OK ROCK: Wasted Nights [OFFICIAL VIDEO]

 

この曲の間奏部分。

 

この日を僕は絶対に忘れません。

忘れないようにするために、そして、次が必ずあると信じて、みなさん達も、強く生きて行ってください。

 

必ず、この距離は、縮まります。

いつの日か。

 

 

 「必ず、この距離は、縮まります。いつの日か。」

 

新曲「Wonder」前のメッセージ

 

新曲発表の前に、画面に流れたメッセージ。

 

2020年 ありとあらゆるものが変わってしまった

既存のシステムは目に見える形で崩壊し始め

もう無関心に毎日を過ごすことはできない

 

これからは僕らの時代

ロックバンドとして 

ロックで世界をこの手の中に掴み取って 

全く新しい時代を作っていこうと思う

 

さぁ 僕らを見ていてくれ

驚くようなワクワクする世界へと 

キミを連れて行くから

 

「全く新しい時代を作っていこうと思う」

 

こんな時期だけど、前を向いて生きていく。

希望を持って進んで行く。

 

Takaのメッセージを聞いていたら、

 

『それでも人生にイエスと言う』と言う本を思い出してしまいました。

 

 

 

今年の初め、お正月のインスタグラムに、Takaが、

 

「さぁ2020かかってこい!」

 

と投稿していました。

その時は、今年がこんな風になるなんて思っていなかったはずですが、2020年もあと少しで終わりという時期に差し掛かった今、振り返ってみると、本当に、

 

「かかってこい!」

 

という気概を見せてくれた1年だったと思います。

 

 

 

 

子ども達に見せて良かった

 

時代の転換期の苦しみを共有し、音楽で癒し、励ます。

そして、諦めないで、前を向いて、強く生きて、全く新しい時代を作っていく、という力強いメッセージ。

 

このLiveには、癒しも励ましも勇気も希望も、全部詰まっていました。

それでも人生にイエスと言って生きていくんだと思えました。

 

私はこのLiveを、子ども達に観せることができて良かったと思っています。

 

刹那が、

 

「いつか生で観たい。」

 

と言っていました。心に響いた顔をしていたな。

 

ぽやんちゃんも、黙っていたけれど、あとからLiveグッズが欲しいと言い出したので、また生Liveができる時代になったら…きっと彼女は行きますね(^▽^;)。

 

これからたくさんの試練に出遭うであろう子ども達。

親元を離れたり、親にだからこそ言えない悩みが出てきたりもするでしょう。

考えたくはないけれど、生きているのがしんどい…そんなふうに思うことも、もしかしたらあるのかもしれません。

でも、そんな時は、このLiveを思い出して欲しい。

 

本でも映画でも友達でも、何でもいいのですが、辛い時の自分を救う選択肢の1つとして、良いメッセージを発信するアーティストのLiveに参戦するということもアリだと、今回、感じてくれたと思います。

 

私も、いつか彼らの生Liveに参戦できるよう、体を大事に、心も大事に、前を向いて生きようと思います(*^-^*)。

Online Liveでこんなに完全燃焼してしまう私、生Liveではどんなことになってしまうのでしょうか…自分が想像できなくてちょっと怖いですが(/ω\)。

 

 

は~!

なんだか完全燃焼!

疲れた~_(:3 」∠)_!

 

 

読んでくださったみなさまも、私の「推し」を延々と3回にもわたって読まされ、お疲れですよね(^▽^;)。すみませんm(_ _)m。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました(*^-^*)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校生のいる暮らし

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 本と共にある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

 

スポンサーリンク