ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

鉄の土偶で鉄分補給

スポンサーリンク

この季節(10月、11月のあたり)は、週末ごとにいろんなイベントが開かれていますよね。

食べ物系やハンドメイド系のイベントも楽しいですが、工芸品のイベントも、製作体験あり、物販ありで、楽しめるんですよね。

子ども達が小さいころは、陶芸体験や、さき織体験などを楽しみました。

 

工芸品で思い出したのですが、みなさま、鉄玉子(てつたまご)ってご存知ですか?

それをお湯にいれて沸かしたり、糠床に入れて、お漬物の色出しに使ったりするものです。

 

 

 

その鉄玉子、最近面白いデザインを売りだしているようで、それが気になってしょうがないのです。

 

腹筋してるのがいる(笑)。 

 

 

 

鉄玉子(てつたまご)とは

 

鉄玉子とは、一言で言うと、文字通り「たまご型の鉄」です( ̄▽ ̄)。

 

お湯を沸かす時に一緒に沸かして鉄分の補給をしたり、糠床にお野菜と一緒に入れて、お漬物の色出しなどができるという代物。

 

実家にある鉄玉子は、かつて南部鉄瓶にハマった母が、買っていたものだと思われます。

 

 

 

遊び心の南部鉄玉・鉄偶

 

初めて鉄玉子を見た時は、

 

「なんで玉子なんだろうな?」

 

と思ったくらいで、あまり興味を抱きませんでした(^_^;)。

しかし、数年前から発売されている遊び心のあるデザインのそれは、私の心を惹きつけてやみません(゜_゜)。

 

私が今欲しいのは、土偶デザインです。

「鉄偶」と言うみたいですね。

 

 

 糠床からコニチワ~( ̄▽ ̄)。

 

 

 オールスターズなんて言われると、全部揃えて並べたい衝動にかられる…(^▽^;)…。 

 

 

いいなぁ〜、この日常の遊び心(≧▽≦)。

ふとしたところに面白さが潜んでいると、嬉しくなっちゃいます(´艸`*)。

 

シュール可愛い?土偶デザイン(鉄偶)の他にも、お子さんにも可愛がってもらえそうな、普通にかわいいデザイン(南部鉄玉)もあります。

 

くまのがっこう。

 

ドラえもん。 

 

 

スヌーピー。

 

 

キティちゃん。

 

リラックマ。

 

最近は貧血気味のお子さんも多いようなので、お湯を沸かす時に、お気に入りの鉄玉や鉄偶も一緒に沸かして、鉄分補給するのも良いんじゃないかなと思います。

私も、娘が朝ココアを作るときなどに、鉄偶(娘の好みは腹筋してるやつかな)さんに活躍してもらおうと思っています(*´▽`*)。

 

 

普通のお野菜型も。糠床に常駐してもらいましょうかね。

 

薄型の鉄玉子もありました。場所を取られたくない方におススメです。

 

 

伝統工芸を継承する

 

子どものころはさほど興味を持てなかった、鉄瓶や竹かご、染物や織物、漆器や木工品などの伝統工芸品に、このごろは目が向くようになりました。

 

 

柳宗悦さんによりますと、東北は冬が長いので、外での農作業ができない冬の間に、手工芸が発達してきたのだそうです。

 

作り手の労や技術をリスペクトして相応のお金を払い、お気に入りの民芸・工芸品と過ごす生活も、良いものですよね。

それが被災地のものであれば、復興にもつながりますし。

 

最近では、伝統工芸に携わる人が高齢化して継承者が少なく、なんとか継承しようと奮闘されている方々もいらっしゃいます。

 

興味の入り口が土偶でも(^_^;)、価値あるものが残っていくきっかけとなるならば、良いことなのではないかなと思います。

 

鉄偶……なんだか幸運を呼びそうな気もします(´艸`*)。

根拠はありませんけども( ̄▽ ̄)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 男子高校生のいる日常

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 女子中学生のいる日常

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 

 

 本とともにある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

 

 

スポンサーリンク