ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

じゃがいものガレット

スポンサーリンク

夏休みのごはん、面倒ですねぇ(;´Д`)。

みなさんは、どんなご飯を作っていますか?

 

この間、市販のシーズニングを使って、「じゃがいものガレット」なるものを作ってみました。

 

 f:id:mamannoshosai:20190726185005j:image

 

 

 

材料・分量はざっくりで大丈夫

 

産直で買った、とても大きなじゃがいもが2個、余っていまして……。

そろそろ使い切りたいと思ったけれど、じゃがいもの大きさと量に見合うレシピが浮かばず、考えること数日……。

迷った末に、初挑戦のものを作ってみるという無謀な賭けに出ました。

暑さのせいです、ハイ( ̄▽ ̄;)。

 

無謀な賭けといっても、市販のシーズニングでパパっと作れるとわかっていたからなんですけどね(^▽^;)。

 

<材料>

・じゃがいも

・ベーコン

・シーズニング

・オリーブオイル

・バター

 

え?

分量?

そんなものは、適当で( ̄▽ ̄)!

 

 

フランス料理らしい ↓ 。

 

 

すべて細切りにしてまぜるだけ

 

作り方は、本当に簡単でした。

パッケージの裏面に書いてある通りに、じゃがいもをスライサーで細切りにし、ベーコンも細く切って、シーズニングも一緒にまぜまぜします。

でんぷん質が流れちゃってくっつかなくなるので、じゃがいもは水さらし不要だそうです。

 

なぜか我が家にはコレがある ↓ 。

 このスライサーの、オレンジのやつを使って、細切りにしました。

 

シーズニングだけでは味が決め手に欠けたので(頼っておいて、この言い草。すみません<(_ _)>、マジックソルトも足しました。

 

我が家の救世主 ↓ 。

 

 

混ざったら、オリーブオイルとバターで焼き上げるだけ。

私は、家族に、

 

「どうだ、見映えるであろうψ(`∇´)ψ!」

 

と自慢したかったため、大きく丸く仕上げようと企み、レミパンで焼きました。

スライサーのみならず、なぜかレミパンもある我が家。しかも3つ。

頂き物を母が実家から持ち込んだ説が有力。

 

レミパンは裏切らない ↓ 。

付属の蒸し台は、便利なんですけどね、今回は使っていません。

 

 

ケチャップ添えが美味しかった

 

無事に焼きあがった写真は、アイキャッチ画像の通りです。

企み通り、大きく丸く焼けました( ̄▽ ̄)。

過程の写真を何一つ撮っていないのは、最初はブログに載せることを考えていなかったから(^_^;)。

 

キッシュのようにカットして「いただきます!」

 

そのままでも美味しいのですが、なんとなくケチャップが欲しくなり、我が家愛用のケチャップをかけてみました。

 

 f:id:mamannoshosai:20190726185014j:image

 

 

スコーレ学園のケチャップ。無添加で、スパイシーで、サラッとしていて、あまり酸っぱすぎなくて美味しい!

もう何年もリピしています ↓ 。

 

 

バターの香りがふわっと香って、ケチャップの酸味と甘さも加わり、美味しかったです!

初めて(しかも適当に)作った割には、上出来だったんじゃないかな~(*^_^*)。

 

写真を撮るために切り分けた一切れを除いて、あとはきれいさっぱり、家族にたいらげられてしまいました。

 

   

 

雑に作っても、失敗のない料理だと思います。 

スープを添えて、軽めのランチにいいなと思いました。

 

これを作った後で、またじゃがいもをたくさんいただいたので、夏休み中、頻繁に使ってしまいそうです(^_^;)。

 

 

 

 

 

 「40代主婦」の生き方いろいろ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 

 

 書籍・書評の情報収集に最適!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

教育全般の情報が集められます 

 にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク