ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

『サラダ記念日』と七夕

スポンサーリンク

明日は七夕か〜、なんて思っていたら、

今日は、サラダ記念日らしいですね。

 

f:id:mamannoshosai:20190706100326j:image

 

 

 

 

『生まれてバンザイ』

 

「この味がいいね」と

君が言ったから

七月六日は

サラダ記念日

 

俵万智さんの、有名な短歌ですね。

「この味がいいね」なんて、言われたことないわ~( ̄ー ̄)。

 

俵万智さんの短歌には、恋愛モチーフのものが多かったのですが、私は、俵万智さんにお子さんが生まれてからの方が、好きな作品が多いです。

 

たとえばこんなの。

 

ろうそくの炎

初めて見せやれば

「ほう」と

原始の声をあげたり

 

 

初めてろうそくの炎を目にした時の、幼い子の驚いた顔(゜o゜)。

そして、思わず漏れた、「ほう」という感嘆の溜息。

 

「原始の声」なんていう表現、普通、出てこない。

でも、幼い子の、初めて見るものに対する驚きと感動に満ちた反応を、こんなによく表している言葉はないと思う。

そしてそれは幼い子どもだけではなくて、人類はそうして数え切れないほどの「初めて」に出会い、「ほう」と「原始の声」をあげながら歴史を紡いできたのだと、太古の昔まで想いを馳せてしまう。

そうだな~、強いて言えば、アウストラロピテクスくらい( ̄ー ̄)?

 

 

……なんて、ついつい鑑賞文みたいな文章をを書いてしまいましたが(^_^;)、ほかにも、子育てって大変だけど悪くないな、と思える短歌がたくさんあります。

よくぞこの瞬間を切り取ってくれました!と、思わず膝を打っちゃいますヾ(≧▽≦)ノ!

 

 

サラダ記念日の短歌も、原始の声の短歌も、『生まれてバンザイ』という小さな歌集に収められています。

太宰の「生まれてすみません」とは、真逆を行ってますね( ̄▽ ̄)。

 

 

 

この歌集は、私の大切な友人に子どもが生まれた時、遠方でなかなか会えないので、何首か抜粋したものを記事にして友人に贈った、思い出の歌集でもあります。

 

www.mamannoshosai.com

 

 

 

七夕の願い事

 

そして、明日は七夕ですね。

娘が模試を受けるので、私の中では「模試の日」となっていて、七夕であることをすっかり忘れていました(^_^;)。

 

子どもたちが中・高生にもなると、七夕飾りを飾るとか、短冊に願い事を書く、なんていう季節の楽しみ方は、縁遠くなってしまいます。

 

それがちょっと寂しいなと思い、子どもたちに、

 

「もし短冊に願い事を書くなら、何て書く?」

 

と、聞いてみました。

 

すると、

 

息子「時を止める特殊能力を授かりますように( ̄ー ̄)。」

 

娘 「肩凝りが治りますように( ̄ー ̄)。」

 

 

はい、ある意味期待を裏切らない答えをありがとう"(-""-)"。

息子はいつもどおり、むやみやたらとスケールが大きく(今のところ実現不可能)娘もいつもどおり、極めて現実的な願い事(もうちょっと夢があってもよくない?)でした(^▽^;)。

 

 

夫にも一応聞いてみましたら、

 

「あ~、う~、……(;´Д`)……。」

 

 

Times up ( `ー´)ノ!

はい、時間切れね!

 

 

私が書くとしたら?

う~む(~_~)。

煩悩が108つじゃ足りないくらいあるので、難しい……。

強いて言うなら……そうですねぇ……。

 

楽天お買い物マラソンもやってるし、夏休みもやってくるし、今は、これしかないかな。

 

「体はスリムに、財布はパンパンになりますように(`_´)ゞ!」

※もちろんこの場合の財布は、レシートやポイントカードなどではなく、札束で膨れることを指すんですのよ!

 

は!本当のお金持ちは、カードで買うからお財布もスリムなのかしら(゚д゚)!

札束という発想が、そもそも庶民なの!?

え?そうなの!?

 

「……ほう……(゜o゜)……!」

(ママントラロピテクスの原始の声)

 

 

 

 

 

 

 

 「40代主婦」の生き方いろいろ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 

 

 書籍・書評の情報収集に最適!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

教育全般の情報が集められます 

 にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク