ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

「オレ、将来運転しないかも」

スポンサーリンク

先日、夫が泊まりがけの出張だったので、数日間、完全ワンオペ育児となりました。

 

子どもたちはもう高校生と中学生なので、小さい頃のような大変さはありませんが、大きいなら大きいなりに、大変なことはありました。

 

 

 

 

迎えの人手が足りない

 

息子が塾の日は、学校からバスで塾へ行き、19時半に始まって、終わるのが21時半です。

そこから自力で公共交通機関で帰ると23時頃になって、疲れすぎてしまうので、塾の帰りだけは迎えに行っています。

 

f:id:mamannoshosai:20190530213557j:image

↑ こんなに綺麗な街並みではないけど、時間帯的に、こんな感じです。 

 

 

娘の晩ご飯などもあるので、普段は私が家に残り、夫が21時前に息子の迎えに出ます。

21時半過ぎに息子を拾って、帰宅は22時すぎです。

 

ワンオペの日は、その夫の担当部分も、私が担うことになりました。

久しぶりだったこともあるけれど、21時に家を出て夜道を運転するのは、やっぱり疲れました~(;´Д`)。

娘を1人留守番させておくのも、地震や不審者など、怖いことがいっぱいで、家に帰るまで落ち着きません(;´Д`)。

 

こういうところが、ワンオペの大変なところです"(-""-)"。

 

 

車の中では本音がポロリ

 

息子が高校受験を控えた中3の頃は、塾の迎えは今より頻回で、とにかく息子の送迎で車に乗っていることが多かったです。

 

車の中は、英語のリスニングCDを聴いたりするほかに、貴重な会話タイムで、送迎は大変だったけれど、私はその時間を大切に思っていました。

 

学校のこと、塾のこと、友達のこと、勉強のこと、部活のこと、生徒会のこと、志望校のこと、将来の夢……。

本当にいろんなことを、車の中で話しました。

 

でも、高校に入ってからは更に息子の忙しさが増して、行動範囲も広くなり、家にいる時間が少なくなって、会話もままならなくなってきました。

 

塾の迎えも、高校に入ってからは、(私の朝が早すぎるため)夫が迎えに行くのが普通になっていて、私が息子とドライブするということは、ほとんど無くなっていたんですよね。

 

だから今回の夫不在で、私が塾の迎えに行き、息子と30分ドライブをしたのは、本当に久しぶりのことでした。

 

   

 

 

「オレ、将来、運転しないかも」

 

息子を塾の前で拾い、車に乗せてすぐは、息子は、好きなONE OK LOCKのCDを聴きながら、

 

「あ~、takaの声は、やっぱりいいねぇ~( ̄▽ ̄)。マジでワンオク、神だわ~(´▽`*)。」

 

と、ご満悦でした。

 

【メーカー特典あり】Eye of the Storm 初回限定盤 (ジャケットステッカー付)

【メーカー特典あり】Eye of the Storm 初回限定盤 (ジャケットステッカー付)

 

 ↑ コレ聴いてました。カエレバには、ありませんでした~(T ^ T)。

 

しかし、しばらくすると、突然、

 

「……オレ、あんまり運転って好きじゃねぇかも。将来、車の運転、しないかも。」

 

と言い出しました。

 

ん?どうした?

イマドキの男子って、車に憧れないものなのかしら(゜_゜)?

それとも、うちの息子が変わっているだけ?

でもどうしてそれを今言い出すの(^_^;)?

まぁ~、毎日毎日、車の事故のニュースがあれだけ流れてきたら、怖くなってしまっても無理はないかな"(-""-)"。

 

などと、私も突然のことに戸惑いつつ、

 

「……でもさ、田舎に住んでて、子どもがいたら、車無しでは生活できないよ?」

 

と私が言うと、

 

「いーや、オレは車の要らない所に住むね。それが叶わないなら、自動運転の車とかあるっしょ( ̄▽ ̄)。」

 

と、どうしても運転したくない様子。

 

 「なんでそんなに運転したくないの?」

 

「だってオレ、こないだ、夢、見たんだよ。なんでかオレが〇〇(妹の名前)を車で迎えに行ってて……。そんで、ハンドルがすっげぇトゥルントゥルンで、全然言うこときいてくんねぇの。一応、〇〇乗せてっから、責任ってものがあんじゃん? だから、余計におっかねぇわけよ。ありゃぁ、もう、オレは二度と車は運転しねぇ、と思ったね。そんで、朝起きたら夢だってわかってホッとしたけど、すっげえ疲れてたのなんのってよー(--〆)!」

 

 

 ……夢かよ(^▽^;)!!!

しかも、妹は、まったく動じずに後部座席に乗っていたらしいし( ̄▽ ̄)。

 

 

おそらく将来は運転せざるを得ないと思いますが(^_^;)、今の息子がそんなことを考えていたなんて、あまりにも想定外で、驚きました。

そして、その真面目さ?にホッとして、なんだか笑っちゃいましたσ(^_^;)。

 

そもそもどうして妹を車で迎えたに行く夢なんて見たのか……?

それはたぶん、この間、私の車の車検があって、「思ったより高かった」とか、「車が戻ってくるまで送迎できない」とか、そんな話をしていたことも関係あるのかな、と思います。

 

 

運転しない生活について考えた

 

私も、しなくても生活できるものなら、車は運転したくありません。

高齢になってきた私の親の免許返納についても、時期を考えないといけなくなってきました。

そんな中、子どもたちが社会に出たら、今度は子どもたちの運転も心配しなければならないんだなぁと思うと、正直げんなりするんですよね:;(∩´﹏`∩);:。

息子が言うように、運転しないという選択肢が、あってもいいのかも。

(あくまでも「生活できるなら」ですけどね)

 

 

 

久しぶりの息子とのドライブでは、息子の今考えていることに触れることができ、これからの車生活も考えることになりました。

 

やはり、ドライブは、会話をするには、良い時間ではあるんですよね~(^_^;)。

 

 

 

 「40代主婦」の生き方いろいろ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 

 

 書籍・書評の情報収集に最適!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

教育全般の情報が集められます 

 にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク