ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

夫はデストロイヤー

スポンサーリンク

ここ3日くらい、毎日外に出かける用事が詰まっていて、ブログも仕事も、思うように時間が取れずにいます。

 

そこへ、私の仕事を地味に増やす人がいるのです。

子ども?

えぇ、子どもは基本的にそうです。

でも、もう1人…いるのですよ…。

 

 

 

夫はデストロイヤー

 

夫は穏やかな人ですが、なぜか行動はわりと粗野。

あまり、いろいろなことに頓着しないのです。

それが良い時もあるのですが、行動が粗野であるがゆえに、彼は密かにデストロイヤーです。

とにかくよく物を壊します。

  

・靴下

・パンツ

・ジャージのズボン

 

夫が今月に入ってから破壊したものです。

とにかく身に着けるものは、ことごとく破きます。

 

背が高いので、実家など、天井の低い建物の中ではしょっちゅう自分の頭をぶつけて破壊していますが、なぜそんなにも、履くもの履くものがすべて破けるのか(−_−;)。

まさか夜中にそこいらを引きずり回してるんじゃないでしょうね?

 

私はこの、夫だけサイクルの早い消耗品たちを、しょっちゅう買い替え、または繕うということになり、地味にストレスなのです。

 

f:id:mamannoshosai:20190523154506j:image

 

 

私がブログと仕事の草案を考えてウンウン唸っているところに、

 

「またズボンのケツのところが破けた( ̄▽ ̄)。」

 

などと、私の状況など全く考慮せずに持って来られると、本当に腹が立ちます。

 

なぜそんなにおケツばかり破けるのですか?

なぜ伸縮性のあるジャージ素材が破けるのですか?

あなた、まさか、しょっちゅうカマドウマのようにしゃがんでいるんじゃないでしょうね?

 

頭にくるのですが、まさかおケツの破けたズボンでそこいらを歩かせるわけにもいかないし、自力で繕うスキルも奴は持ち合わせていないので、いつも私がブリンブリンに怒りながら、応急処置をする羽目になるのですo(`ω´ )o。

 

 

洗濯物もいろいろとやらかす

 

この間も、運動会の翌日、私が筋肉痛でこわばった体にムチ打って大量の洗濯物に追われている時、奴はズボンのポケットに運動会のプログラムを入れっぱなしにして洗濯機に入れたようで、洗いあがったらクッチャクチャの紙くずが酷いことになっていました。

 

洗い直すのも癪なので、そのまま干しました。

紙くずは自分で除去して履いてくださいませ。

 

私が朝早くから出かけなければならず、朝の洗濯が忙しいという日に限って、トレーナーなど、重くて乾きにくく、それだけで洗濯機がいっぱいになってしまうようなかさばるものを脱いで出したりもします。

 

それを今から洗うとなると、もう1回洗濯機を回すことになり、私の出かける準備がさらに忙しくなりますよね?

っていうか、今日は私が朝から忙しいとわかっていて、なぜ今それを脱ぐのですか?

 

「今日は大物禁止」の貼り紙でもしない限りは、自分の都合だけで脱ぎ散らかします。

 

 

入り口は幅を考えましょう

 

入り口の幅より長いものを横に持って入ろうとして、入り口にバインと跳ね返される、なんてこともやらかしています。

自分が跳ね返されて転ぶだけなら、別に好きにしたらいいと思うんですけどね。

横にして持っていた長いものを壊されたりした日にゃぁ……もう…もう…

 

おんどりゃ、何してくれとんじゃ!

\\٩(๑`^´๑)۶////

 

ですよ。

 

 

 

フォローになってないフォロー

 

いやね、毎朝ゴミも出してくれますし、子どもの送迎も分担してくれますし、無駄なお金を使ったり、自分だけ遊んできたり、そういうことをしない人なので、良い夫だと思います。

 

でもね、些細なことで頭にくることはあるんですのよ。

 

あのね、わたし今、すんごく忙しいの。

ズボンのおケツは、頼むから今は破かないで!

洗濯物は自分でポケット確認!タイミングも確認!

長いものを持っている時は縦にして入り口通って!

 

 

まぁ、夫も私に対して思っていることは、いろいろあるでしょう。

えぇ、えぇ、あるでしょうとも。

 

昔、チャーミーグリーンのCMなんていうものがあったけれど、あんな仲睦まじい老後は、果たして本当に来るのでしょうか?

 

仕事の原稿を抱えつつ、しばしボーッと、子どもたちが巣立ったあとの夫と2人の生活を、いろいろと考えてしまったりするのでした。

 

父の日も、もうすぐ来ますけどねぇ。

母の日は、家事を少し代わってくれたので、父の日は私も何かしないとダメ?

うーん、奴は私の父ではないからして〜…(←ヒドイ?)

 

 

 

↓ この映画は、「妻とはこうあるべき」「夫とはこうあるべき」とか、「〜のトリセツ」などの教訓めいた話ではなくて、熟年夫婦を淡々と描写してるところが面白いσ(^_^;)。

夫婦って、それぞれだな…。

 

 

 

 

 男子高校生のいる日常

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 女子中学生のいる日常

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 

 

 本とともにある暮らし

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

 

 

スポンサーリンク