ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

家族で映画鑑賞

スポンサーリンク

我が家はどこにも出かけない連休ですし、子どもたちが数学検定に合格したので、せめてもの楽しみとして、家族で映画鑑賞をしました。

UーNEXTにたまっていたポイントで(^▽^;)。

一応、ポップコーンは用意しましたp(^_^)q。

 

UーNEXTは、月額1990円を払うと、毎月自動的に1200ポイントが付与されます。

権利の問題で無料配信することができず有料とされている新作も、このポイントを使えば、無料で視聴することが可能です。

 

 

 

『 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

 

過去に、前作を家族で観ていたので、今回も家族で観るのにいいかな、と思い、セレクトしてみました。

 

www.mamannoshosai.com

 

前作よりも、『ハリー・ポッター』シリーズとの関わりがたくさん出てきたように思います。

ホグワーツが出てくるし、前作では名前だけの登場だったダンブルドアは、今回はジュード・ロウが演じています。

ジュード・ロウ演じる若かりし頃のダンブルドアは普通にかっこよくて、

 

「このイケメンが、あのお髭の長いダンブルドア校長になるのか…?」

 

などと思っちゃいました。

マグゴナガル先生も、お若い(*゚▽゚*)!

 

ストーリーはネタバレになっちゃうのであまり書きませんが、前回より話が濃いというか、ジョニー・デップ演じるグリンデルバルトがもたらす闇が、大きく濃くなってくる感じで…。

最後には黒い魔法使いが誕生?しちゃいますし…。

次回作に繋がっていくのかな、と思わせるラストでした。

 

子どもたちと一緒に見ていても、気まずいシーンは出てこないし、時々クスッと笑える場面があったりして、安心して家族で観ることができました。

 

『ボヘミアン・ラプソディ』

今更って感じですが、やっと観ました(^_^;)。

クイーンと言えば、大学時代に部活のみんなで熱唱したのが想い出です(笑)。

 

当時、私は東京に住んでいて、大学ではラクロス部に所属していました。

都会のアーバン・ライフに憧れつつも、実際はマウスピース入れてグローブして、泥まみれで朝練・夜錬・合宿と、ドがつく体育会系(^_^;)。

アーバン・ライフとは無縁でしたわ( ̄ー ̄)。

 

運動はそれほど得意でもないのに、ポロシャツにチェックのミニスカートというユニフォームの可愛さに惹かれたという浮かれた動機で入ってしまったので、練習はキツかったなぁ(´Д`)。

 

でもチームのメンバーとは仲が良くて、しょっちゅう、地方出身者で一人暮らしの子の家に集まっては何か作って食べ、リーグ戦の士気を高めるために、

 

「ウィーアーザチャーンピオン♪( ´θ`)ノ  ウィーアーザチャーンピオン♪( ´θ`)ノ   ニャーニャーニャ ニャーニャーニャ ニャーニャーニャニャーニャー

……オンザワーψ(`∇´)ψ!!!」

 

と熱唱しては、隣の人に「うるさい( `ー´)ノ!」と壁を叩かれたりしていました(^_^;)。

隣の方、すみませんでした<(_ _)>。

 

でもその頃は、クイーンについて詳しいわけでも、フレディ・マーキュリーについて詳しいわけでもなかったので、今回この映画を観て、

 

「そうだったんだぁ……。」

 

と思うと同時に、映画のいたるところで流れてくる懐かしい曲によって、大学時代の想い出が蘇りました。

 

若い頃って、いろいろあるよなぁ。バンドっていうものも、たぶんいろいろあるんだよなぁ(組んだことないけど…)、と、感慨深かったです。

 

子どもたちはクイーンを聴いたことがないので、どんな感想を持つのかと思いましたが、

 

「『ファンタスティック・ビースト……』よりは英語が聴きやすい( ̄▽ ̄)。」

え?そこ? 

 

「なんか……つかれた(;´Д`)」

え、そうなの? まぁ確かに、聴いてて力が入っちゃう感じではあるけれども(^_^;)。

 

と、ストーリーとはまったく関係のない感想をいただきました(−_−;)。

 

話題作だから、観たい観たいと子どもたちも言っていたのですが、実際観てみたら、世代的にあまりピンと来なかったのかなぁ…。

 

でも、映画を観終わった後は、子どもたちもクイーンの曲を口ずさんでいましたよ!

クイーンの曲って、耳に、というか、身体に残りますよね(^_^;)。リズムというかビートというかが…。

 

なんだかちょっと、子どもと一緒に観るのは気まずい場面もありましたが(^_^;)、まぁ~、そのへんはお互いにスルーってことで察してくれる年になったので、なんとか切り抜けました( ̄▽ ̄)。

 

え?

夫?

……奴は早々に寝てました(-_-)zzz。

 

 

 

家族で一緒に2本(夫は1.5本くらい)の映画を鑑賞しました。

家族向けと、そうではないかな?という映画とがありましたが、少しは「連休らしいこと」になったかなσ(^_^;)。

 

 

 

おまけ『美術館を手玉に取った男』

お弁当で早起きしなくてもいい連休なので、ちょっと夜更かしして、1人映画鑑賞もしてみました。

これもUーNEXTで無料(「見放題」)で見られるものだったんですが(^_^;)。

 

 

 

 

ブログを書いていると、著作権の問題に気をつける必要が出てきますよね。

私はだいたいフリー画像か自分で撮った写真にしていますが、スクリーンショットなどは、本当に載せて良いものかどうか、気を使います。

過去記事のリライトも、そこに気をつけてしないと、と思っています。

そんな時に、この映画、

 

「美術館に贋作を寄贈し続けて、逮捕されない男」

 

のドキュメンタリーだというので、興味を持ちました。

 

金銭を要求してなければ、良いのか?

著作権法には抵触しないの?

 

ちょっと狐につままれたような気持ちになりましたが、やっぱり自分は気を付けよう、というところに落ち着きました(^_^;)。

 

ご興味がおありの方は、ぜひ(*^-^*)。

 

 

   

 

 

 「40代主婦」の生き方いろいろ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 

 

 書籍・書評の情報収集に最適!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 

 

教育全般の情報が集められます 

 にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク