ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

インスタ映えするレンチンハムエッグ

スポンサーリンク

例の「140軒ポストイントライアル」業務を終えて、廃人となっているママンです。

 

普段の運動不足がたたり、2時間半歩いて配り終えた時には、身体が、自分の身体じゃないような疲労感でした_(┐「ε:)_。

風が強くて寒かったのも、疲れを加速させた原因かと思われます(−_−;)。

 

その後、泥のように2時間眠って、起きたら少しはマシな状態になっていました。

 

夫は休日出勤、からの歓迎会と言う名の飲み会で終日留守。

息子は春休みの課題に追われる身で、入学式のお手伝いスタッフとして普通に登校。

娘は数検の過去問に取り組む。

私は配り物、からの廃人。

 

それぞれの週末です(笑)。

 

   

前回の記事で、勇気を出してお弁当の写真を載せてみたところ、ハムエッグについてのコメントをたくさんいただきました。

 

www.mamannoshosai.com

 

 

うふ。

あのハムエッグ、映えますよね(*≧∀≦*)!

 

でもね、あれは私のオリジナルレシピではないんです。

1年前くらいに、どなたかのインスタでお見かけして、

 

「これはいいわ(*゚▽゚*)!」

 

と、真似っこさせていただいているものなのです(^▽^;)。

 

 

どなたのインスタだったか忘れてしまったので、また探してみましたが、たくさん出てきすぎて、もはや、どなたのを参考にしたかわからないσ(^_^;)。

1年前より、確実に作る人が増えている模様。

 

「レンチンハムエッグ」

でググっても、すぐ出てきますよ〜。

クックパッドにも載ってます!

 

そう、あれは、簡単極まりないのに見映えてくれる、レンチンでできるハムエッグなのです!

 

 

 

 

実演レポ 

クックパッドでも見られますが、ちょっと実演レポしてみますね。

お料理の実演レポを私がやる日がくるとは…!

 

材料(1人分)

卵……1個

ハム…2枚

 

作り方

1.小鉢にハムを1枚敷く。

 

f:id:mamannoshosai:20190406204932j:image

 

2.ハムの上に卵を割り落とす。

私は穴を開けなくても爆発したことはありませんが、爆発防止のため、黄身に爪楊枝などで数カ所、穴を開けた方がいいかもしれません。

 

 

f:id:mamannoshosai:20190406204949j:image

 

3.塩胡椒パッパ。

 

f:id:mamannoshosai:20190406205015j:image

 

4.その上に、もう1枚のハムを重ねる。

この時、卵の黄身ができるだけ真ん中に行くように調整します。

 

f:id:mamannoshosai:20190406205032j:image

 

5.ラップして、500Wで2分半、チンする。

半熟部分がやや残る適度にするのに、我が家のレンジではこのくらいの時間です。

ご自宅のレンジで、お好みの火の通り方になる時間を探してみてくださいね!

 

f:id:mamannoshosai:20190406205058j:image

 

6.チンしたらラップを外して、ハムエッグを取り出す。

 

f:id:mamannoshosai:20190406205113j:image

 

7.半分に切る。

 

f:id:mamannoshosai:20190406205129j:image

 

8.「ばえる」ように盛り付ける。

お弁当に入れる場合を想定して、寄せて盛りつけてみました。

 

f:id:mamannoshosai:20190406205202j:image

 

 今回は、あんまり黄身がきれいにならなかった(^_^;)。

 

味付けは、塩胡椒無しで、ソースやケチャップを添えてもいいと思います(*^-^*)。

 

このハムエッグの良いところ

簡単で時短

厚焼き卵より時間がかかりません。

レンチンしている間に他の事できるし。

 

卵1個でいい

厚焼き卵だと、1度に3〜4個の卵を使うので、毎日だとかなりのハイペースで卵を消費してしまいます。でも、これは卵1個で済むので、節約モードに入っている時は助かります。

 

そこそこ幅を取る

お弁当作りにおいて、いかに幅を取ってくれるか、これ大事( ̄▽ ̄)!

これはなかなかに幅を取ってくれるので、助かるのです〜。

 

洗い物が少ない

フライパンも菜箸も必要なく、小鉢1個を洗えばいいので、洗い物が少なくて済みます。

 

見映えがいい

これを初めてお弁当に入れた日、息子が初めてお弁当を褒めてくれました。

開けた瞬間、

 

「おっ(*゚▽゚*)!」

 

と思ったのだそうです。

 

 

かつて、息子のお弁当生活が始まったばかりのころ、少しでもオサレなお弁当にしようと張り切って、オサレなお弁当を作れる方の本やインスタを真似して、「紫キャベツのマリネ」など入れてみたりしてました。

 

www.mamannoshosai.com

 

しかし、そのオシャンティーな紫キャベツのマリネは、

 

「あのスッカくせぇの、オレあんまり好きじゃねぇ…。」

 

と、息子には不評でした"(-""-)"。

 

酢の物は好きなはずなのに。

紫が入ると映えるんだよ。

オサレ心のわからないアホ男子め。

「スッカくせぇ」ってなんだよ。

マリネって言うんだよ。

 

大いに傷ついた私は、それからは地味に茶色い弁当に徹しておりました……。

 

www.mamannoshosai.com

 

でもこのハムエッグに出会ってからは、息子も喜び、見映えも叶い、4時起きのお弁当作りが報われた思いでおります。

もちろん、娘も(地味にですが)喜ぶ、大好きなメニュー(*´∇`*)です。

 

考案者に感謝!

こんな素晴らしいレシピを考えてくださった方、ありがとうございます(T ^ T)。

おかげさまで、ヘビーローテーションさせていただいております。

 

この実演レポ記事を書くため、「140件ポストイントライアル」で廃人化した状態で、実際に作って写真を撮りまくったわけですが(笑)、ライフ(余力)がゼロの状態でもできましたので、どなたでも、どんなに疲労感漂う朝でも、問題なく作れると思います( ̄▽ ̄)!

他にもいろんなやり方があるようですので、ご興味がおありの方は、ぜひお試しを!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク