ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

皆さん、ありがとうございます(*^-^*)

スポンサーリンク

今日は、前回の闇モードから、通常モードに戻していくための、リハビリ記事です。

 

   

 

 

感謝の気持ち

 前回の私の闇をさらした記事に、多くの読者の皆様から、あたたかい共感と励ましの言葉をいただきました。

 

www.mamannoshosai.com

 

いただいたスター、コメント、ブックマーク……。

何度も何度も、見たり読んだりしました。

そして、また泣きました(T_T)。

 

今現在の私だけでなく、あの当時の苦しかった私も、皆さんの優しいお気持ちで癒していただき、少しずつ、また元気が戻ってきています。

 

皆さん、本当にありがとうございます。

 

f:id:mamannoshosai:20190323202634j:image

 

 

 

また明るい記事が書けるよう、気持ちを切り替えていきたいと思います(*^-^*)!

 

 

 

手始めに、最近の子どもたちの様子など、書いてみようかな……。

 

 

最近の子どもたち 

 

息子、難しい言葉を覚える

少し前、息子は、やたら「刹那(せつな)」という言葉を使っていました。

 

「それで、その刹那、俺はこう言ったわけ……そしたら、その刹那、こうなったわけ……そんで、……。」

 

と、続きます。

 

ん?

ソノセツナって、何?

 

「あのさ、話、遮って悪いんだけど、ソノセツナって何?」

 

「はーーー? 知らねぇの? ソノセツナっつぅのはぁ、極めて短い時間のことを言うんだよ!瞬間っつぅの?ってか知らねぇの?俺の勝ちだな(`∇´)!」

 

……なんだ、「その刹那」……。知ってるよ"(-""-)"。

それだったら、「そのとき」とか「その瞬間」とかのほうがよっぽどわかりやすい。

なぜわざわざ「刹那」などと言う。

「バカの一つ覚え」というやつか。

要するに、言ってみたいだけなんだな(−_−;)。

 

 

「あのさあ、刹那は知ってるけどもさ。あんまり日常会話で使わないと思うよ。普通の会話でセツナとか言われても漢字が浮かばないわ。」

 

「ま~たまた、そんなこと言っちゃって、俺が知っているムズカシイ言葉を自分が知らなかったもんだから、負け惜しみ言っちゃって~(=^▽^)σ。」

 

……"(-""-)"……。

 

 

あぁ、この子本当にどうしよう、と思った瞬間セツナでした。

何かの漫画で覚えた言葉らしく、かっちょいいぜ〜〜(`∇´)!と思ったのでしょう。

いまだに中2病なのかと思いましたが、現在はさすがに恥ずかしくなったのか、この症状は落ち着いております(^_^;)。

 

 

娘、わなわなと刃物を握る

学校の春休みの課題で、木板の彫り物を作っている娘。

相変わらずあまりしゃべりませんので、ふと気づくと刃物(彫刻刀)を持っているので怖いです(^▽^;)。

実は娘、小さいころ、兄が持っていた「しまじろうのハサミ」に興味を抱いた時期がありました。

兄がいるときにそのハサミを手にしようものなら、すぐさま、

 

「ダーメ( `ー´)ノ!」

 

と、兄に取り返されてしまうので、そのハサミを持ちたいときには、ダイニングテーブルの下に隠れる、という技を身につけました(笑)。

 

時々、テーブルの下にしゃがみこんでハサミをシャキーン、シャキーンと開閉する姿は、なんだか小さな邪悪な妖精のようにも見え、若干怖かったものです:(;゙゚'ω゚'):。

 

彫刻刀を持ち、(力がないので)わなわなと力を込めながらゴリッゴリッと木版を削る姿は、邪悪さを増した妖精のように見えて、やっぱり若干怖いのです:(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚'):。

 

 

終わりに

こんな感じで、どこに出かけるでもなく、こじんまりと自宅で春休みを過ごしております。

 

今回のメンタル落ちでは、鬼ママンブラックママンなまはげママンもまったく降臨せず、ただただぺしゃんこ(´Д`)なってしまい、ブログにまで闇を晒してしまったのですが、優しい読者の皆さんに支えられて、何とか復活しようとしています。

 

皆さんに寄せていただいたお気持ちを、私も誰かを勇気付ける言葉に還元していけるように、努力していきたいと思います。

 

皆さん、本当に、いつもありがとうございますヽ(´▽`)/

スポンサーリンク