ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

白雪姫の林檎

スポンサーリンク

先日の記事で、ハーゲンダッツの新商品について書きました。

「アリスの紅茶 ~クッキーを添えて~」という新商品が、蓋を開けたらとても可愛かった、という話。

 

www.mamannoshosai.com

 

 

リピート決定、と書いたとおりに、私はまたいそいそと、「アリスの紅茶」を買いに行きました。

すると、アリスの隣に、気になるものを発見。

 

 

「白雪姫の林檎 ~カスタードとともに~」

 

 

んまあっ!……今度はそう来たのねっ!?

 

 

両方買うのは、主婦としては、ちょっと気がひける。

しかし、私の心はすでに「アリス」モードである。

すでに味を知っていて間違いないとわかっている「アリス」にすべきか、はたまた、新顔「白雪姫」を受け入れるべきか。

 

…(−_−;)…。

 

…(−_−;)…。

 

…(−_−;)…。

 

 

店内を見て回るフリをしながら逡巡すること数分。

 

 

えぇい、買ってまえ( ̄◇ ̄;)!!!

 

 

私が選んだのは、「白雪姫」。

慣れ親しんだ妻を捨てて若い娘に走る中年オヤジとは、こういう心境なのだろうか……。

 

「ごめんよ、アリス。ぼ、ぼかぁ、新しく気になる人が出来たんだ…。これ以上、こんな中途半端な気持ちで君と向き合い続けることはできない…。わかってくれ、アリス!」

 

すっかり自分は中年オヤジの設定である。

(もはやオバハンですらないが、本当にそれでいいのか?自分…(−_−;)…)

 

 

勝手にアリスに忠誠を誓い、そして勝手にそれを破り、ふがいない自分を責めながらも、白雪姫を選んだ。

こんな自分を、もはやアリスは許してはくれないだろう。

さようなら、アリス。

ここは退路をたって、心して白雪姫と向き合わねばなるまい…。

 

 

 いざ、開封の儀。

f:id:mamannoshosai:20181011061440j:image

 

 

 

おぉぉぉ!

赤い!

さすが白雪姫、情熱的なレッドである。

何か刺激的な予感すらする。

 

でも、ハートのデザインはアリスと同じ……。

まったく違うデザインを期待していたので、ちょっと拍子抜け。

さて、お味の方は…?

 

 

赤い部分がアップル🍎味。

その下にはカスタード。……というか、バニラ。

ネーミングから予想していたとおりの味。

 

 ……(ー_ー)……。

 

 

残念ながら、期待したほどの真新しさは感じられなかった…。

アリスを裏切ってまで選んだというのに……。

 

 

アリスに戻りたい。

いや、しかし、そんな虫のいい話があるものか。

私がアリスなら、そんなオヤジは、戻ってきたとしても断固拒絶である。

 

 

ああ、でも、アリス!

離れてみて、改めて君の良さがわかったよ。

僕は君なしでは生きていけない。

君が許してくれるまで、いつまででも待つよ!

 

 

 

オ…オェェ……。

キモい( ̄◇ ̄;)!

妄想中止(笑)!!!

 

 

結局、翌日、またアリスを迎えに、コンビニへと走った私なのでした。

(ほんとに痩せる気あんのか?)

 

 

 長くてキモい妄想にお付き合いいただき、すみません<(_ _)>。

 

 

白雪姫のハーゲンダッツを食べながら思い出した、白雪姫が出てくる映画や海外ドラマがいくつかあったので、貼ってみますね。

 

↓ 現代風。ジュリア・ロバーツが悪役に。

白雪姫と鏡の女王 (字幕版)

白雪姫と鏡の女王 (字幕版)

 

 

 

↓ 現代と昔で役柄の設定が違うのが面白いドラマ。

例えば、白雪姫(snow)は、現代では教師、からの市長になっていたり、白雪姫とプリンス・チャーミングの娘が、現代ではフック船長と付き合っていたり(笑)。アナやエルサも出てきますよ~。

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

 

 

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2 コンパクト BOX [DVD]

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2 コンパクト BOX [DVD]

 

 

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 コンパクト BOX [DVD]

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 コンパクト BOX [DVD]

 

 

 

そういえば、ディズニーランドに行った時、白雪姫のアトラクションが予想以上に怖くて、子どもたちが震えあがったのも、白雪姫の思い出の1つ(^_^;)。

 

 

ついでだから、アリス関係も少し、我が家にあるものをご紹介。

 

 ↓ このしかけ絵本は、子どもたちが散々読んで、あちこち壊れましたが(笑)、最近のしかけ絵本ってすごいなぁ、と感心した本です。

不思議の国のアリス (とびだししかけえほん)

不思議の国のアリス (とびだししかけえほん)

 

 

 

↓ 赤の女王が面白すぎる(笑)。

この女優(ヘレナ・ボナム=カーター)さんは、「ハリー・ポッター」シリーズでは、あの底意地の悪いベラトリックス役だし、「チャーリーとチョコレート工場」では、チャーリーのお母さん役。「英国王のスピーチ」や「レ・ミゼラブル」にも出てます。どんな役でも演じ分けられるすごい女優さんなんだと思いますが、このハート型の大きな頭の赤の女王は、最初見たとき吹き出してしまいましたよ。なんていうか、突き抜けてた(笑)。

 

 

アイス1つで、よくもまぁ、これほどまでにくだらない妄想を繰り広げられるものだと、ちょっと自分に呆れました(^_^;)。

 

でも、気分転換には良かったです。

 

今回、意表をついたコンセプトで楽しませてくれたハーゲンダッツさん。

次の新商品も期待してま~す!