ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

高校の文化祭

スポンサーリンク

息子の高校の文化祭が終わりました。

 

私は娘と1日目に行き、夫は仕事の都合で2日めに1人でチラ見してきました。

 

 

いや〜、若いエネルギーに満ち満ちていましたわ。

そして見事に、

「ザ・内輪ウケ!」

な世界(笑)。

 

 

私が高校生だったときも、みんなで知恵を絞って、クラス展示をいろいろ考えたりしたけど、後から考えると、あれは在校生じゃないと楽しめないかもな、在校生だから楽しいんだよな〜っていう企画がほとんどでしたね。

 

 

一応、外部のお客様も楽しめるような、模擬店やお化け屋敷、演劇部や吹奏楽部、合唱部などの公演などもあるのですが、1番楽しんでいるのは在校生、ていうのは今も昔も変わらないのかな、なんて思いながら見て回りました。

 

 

見て回ったと言っても、クラス展示は、そのクラスの生徒たちが教室の入り口に溢れかえっていて入りにくいので(外部のお客様を呼び込みたいなら、まずは自分たちの人員整理をすべきだよ、高校生たち!シフト以外の子は、どっかにハケてなさい!)、生徒会展示や海外研修の報告展示、理系の展示、書道部や美術部の作品展示など、見やすいところを見て回った感じでした。

 

 

息子のクラスも何かやっていたようですが、私と娘に来られるのが嫌そうだったので(母と妹が行くのって、恥ずかしいのか(−_−;))、遠巻きに盛り上がりを眺め、仮装している息子を発見しただけで帰ってきました。

 

 

息子はなぜか、血糊を腕に塗っていて、一瞬

 

「怪我してるΣ('◉⌓◉’)!」

 

とドキッとしたのですが、よく見たら、周りにもっと派手にを流してる高校生男子がギャハハと騒いでいました。

 

……なんだ、仮装かよ……( ̄◇ ̄;)!!!

 

 

他にも、金髪にしたり(息子によると、登校してからスプレーで金髪に変身。みんなに手伝ってもらって、目一杯仮装した子がいたそう)着ぐるみを着てたり、浴衣を着てたり、馬🐴のマスクを付けてたり……そこは混沌、カオスの世界でございました(笑)。

 

 

息子の高校の文化祭は、そういう派手な仮装も学校からはお咎め無しだそうで、ここぞとばかりにみんな弾けちゃうんだとか。

 

 

息子は(というか1年生はほとんどみんな)初めてで弾け方がよくわからず(笑)、血糊塗ってみただけ、グラサンかけてみただけ、みたいな、「チョコっと仮装」が精一杯だったようです。

 

 

 

……私が高校生のときは、文化祭で仮装なんてしなかったのですが、今は、息子の高校だけでなく、他の高校も仮装はよくやっているんだそうです。

 

 

最近の流行り?

それとも、このへんだけの流行り?

 

いずれにしても、ハロウィン🎃などが浸透してきたこともあり、仮装が身近にあるんでしょうかね、イマドキの高校生は。

 

 

女装した男子のいちばんカワイイ子を決めるコンテストとか、反対に男装した女子のいちばんカッコイイ子を決めるコンテスト、なんていうものをやる学校もあるようですよ。

 

 

そんなこんなで、今年の高校文化祭は、腕からを流しながら(血糊の仮装)、外部からのお客様に下足袋をお渡しする係をやっている息子を見たのが1番の思い出となりました。

お客さんをビビらせてどうするんじゃ( ̄◇ ̄;)!!!

 

 

娘は、ドン引きしていましたけどね〜(笑)。

中学校の、合唱コンクールや新聞コンクールなどに打ち込む真面目な文化祭とは違うからね(^_^;)。

お祭り騒ぎだったね。

 

 

娘に、

 

「うちのクラス、ゲームやってるんです〜。寄って行きませんか~(*≧∀≦*)?」

 

と、声をかけてくれたお姉さん(たぶん高1)がいたけど、

 

「い……いいです……。だいじょびです∑(゚Д゚)!」

 

と、キョドる娘(苦笑)。

そりゃねぇ、ゾンビメイクでニッコリされてもねぇ(笑)。

 

 

「今年の俺の仮装にはプランがなかった。行き当たりばったりの血糊であった。そこは反省点だ。来年は、コンセプトを決めてガッツリ仮装する( ̄^ ̄)ゞ!」

 

 

と宣言しながら帰ってきた息子。

そういうところは反省するんだね"(-""-)"。

 

金髪にするの?

(1度不本意ボウズを経験しているので、もはや怖いものなし)

 

女装コンテスト、出ちゃうの?

(顔はなんとか女の子っぽくメイクしたとしても、男感が隠しきれないのが脚!細すぎるガニ股全開のミニスカセーラー服だけはやめてくれ)

 

 

来年は、娘が高校受験生。

息子の高校も候補の1つではあるけれど、金髪仮装か、もしくは女装の兄なんて、見に行かないかな(^_^;)。行ってもたぶん他人のフリだね(ー_ー)。

まあ、息子は「来年はコンセプトを決めて仮想する」と言っただけで、金髪とか女装になるときまったわけではないんですが、……単なる私の妄想です(笑)。

 

 

数年前、どこぞやの私立のお嬢様校の文化祭を、たまたま見かけました。そのときは、出店なんかも出して派手に展開してましたけど、駐車場係や警備員などは外部の業者を雇い、委託されている業者の大人たちが働いているのに、生徒はプラプラしてるだけで、お金のある高校の文化祭は優雅ね〜(^_^;)と思ったものでした。

(でも、「みんなで働くときは、まず自分が率先して働けよ!」と思う私は、「娘の受験では、この高校は無いな。」と判断した瞬間でもありました。)

 

息子たちの高校は、さすがエアコンが特別教室にしかついていない公立(苦笑)、なんでも生徒が自分たちでやっていました。

芸能人を呼ぶわけでもなく、外部委託も一切無しで、企画はいろいろと拙く、でもなんだかキラキラしてる☆☆☆°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°☆☆☆……そんな文化祭でした。

 

 

うんうん。

内輪ウケでもいいよ。

半端な仮装も許す(笑)。

そんなことができるのは今だけだ。

目一杯、楽しんで\(^o^)/!

 

 

手作り文化祭を、精一杯満喫している高校生たち。

ハードな高校生活の中の、束の間のお祭りを楽しんでる感が、なんだか愛おしく、かわいらしかったです。

 

 

若いエネルギーにすっかりやられて、帰宅後はしばらく動けなかったママンでしたけどね〜σ(^_^;)。