ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

情熱の踊り

スポンサーリンク

娘の通っているバレエ教室には、就学前の子どもから60代の方まで、さまざまな年齢層の生徒がいます。

 

今度の発表会では、大人の方たち(ヤングな大人はあまり居なくて、マダムな感じの方が多いです)が、いろいろと趣向を凝らして演出を考えているようです。

 

 

先日の、バレエのステージ練習でのこと。

 

 

ひときわ情熱的な踊りをなさっていたマダムがいらっしゃいました。

トゥシューズではなくバレエシューズで、髪飾りもメイクもフルコースでバッチリ整えていらしたその方は、モダンバレエっぽい演目の場当たりをなさっていました。

 

 

先生が客席の真ん中から1人ひとりの踊りを見て、注意するところをマイクで伝えていました。

 

 

ムーディーな曲がだんだんと盛り上がり、ガッツリ施した舞台メイクの上からでもせつなげな表情がわかるほど、気持ちを込めて、時々ステージから落ちそうなほど前に出たりして(走ると勢いがついて止められないらしい)、何度かヒヤヒヤさせられる場面がありながらもクライマックスへ……。

 

感極まっている風のそのマダム、一瞬、胸を押さえ、空中を見つめて立ち止まったかと思うと、そのまま後ろに卒倒したではありませんかΣ('◉⌓◉’)!!!

 

 

ガタッ!と、思わず立ち上がる人、数名。

ハッ!と、口に手を当てて心配そうな方、数名。

子どもたち、Σ('◉⌓◉’)こんな顔で固まる。

 

 

「ちょっと!〇〇さん、倒れたわよ!」

「だれか!水、水!!!」

 

 

何人かがそう叫んでいるのが聞こえて、その場に緊張が走りました。

 

 

 

……なのに、先生、動かない……。

 

……さほど驚いてもいない様子……。

 

 

……あれ?

 

 

 

 

すると、

 

 

チャリラリラ〜リラ〜🎶……と音楽が再開し、倒れていた〇〇さんが、ムクッと起きあがり……。

 

 

ヒィィ〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!!!

怖いよ〜((((;゚Д゚)))))))!

 

 

 

 

「ハイ、〇〇さん、今のところね、床をもっと使って………。」

 

と、先生の声。

 

 

 

なんだよー!

床を使った演技かよー!

早く言ってよー( ̄◇ ̄;)!

 

 

 

卒倒したのではなく、床を使った演技だったんですってよ!!

 

 

 

場当たりは初めてじゃないけど、練習曜日が違うその〇〇さんという方のモダンっぽいソロを見たのは今回が初めてだったので、後ろに倒れて動かなくなった数秒間、本当にビックリしました。

 

 

最後の片付けで、ステージの床に敷いたリノリウムをみんなで剥がしている時、その〇〇さんが他の方と話しているのが聞こえてきたのですが、あの情熱的な踊りからは考えられないくらい腰が低く、気さくな方のようでした(笑)。

 

 

 

マダムの方々に驚かされることは他にもあって、例えばバレエ用の舞台メイク。

 

舞台メイクパーフェクト・レッスン

舞台メイクパーフェクト・レッスン

 

 

 

 

今、舞台メイクを絶賛練習中の私たちですが、遠目で見て映えるように、アイラインなどは、すごい場所に上下とも引くので、近くで見ると本当に恐ろしい顔に仕上がります。

 

 

子どもに施していても怖い顔だなと思うのに、マダムの方たちがなさると、なんていうかこう……般若の形相というか、凄みを感じるお顔に仕上がってらっしゃいます。

暗がりでバッタリ遭遇したら、ヒッΣ('◉⌓◉’)と叫んでしまうレベルです(笑)。

 

(ご自分たちでもお互いにメイクした顔を見ながら笑いこけてらっしゃるので、ここに書いても許されるでしょう(^_^;)。)

 

 

 

でもね、私より年上のマダムの方たち、頑張ってらっしゃるし、何より楽しそうです。

 

 

私も、子どもが生まれる前は、少しだけフラメンコを習っていました。母も踊りが好きで習っていましたし、叔母は日本舞踊の師範です。

うちの家系の女性たちは、みんな舞踊系が好きですね。

 

 

私も、子育てが終わって、時間とお金に余裕ができたら、また何か踊りを始めようかな〜。

 

 

バレエかも〜?

フラメンコかも〜?

 

 

般若の形相(舞台メイクですよ)で情熱の踊りを舞っているオバハンを見かけたら、それは私かもしれませんよ〜( ̄∇ ̄)。

 

 

そのときは、「たいがいにしなさい!」って、止めてやってくださいねσ^_^;。