ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

秋の気配

スポンサーリンク

今日は、昨日からの雨で肌寒いです。

気温は、お昼を過ぎてようやく20度超えたか、という感じです。

このまま秋になっちゃうのか?と思うと少し寂しい気もするけど、もう30度は超えなくていいかなσ(^_^;)

 

 

お昼頃にスーパーへ行ったら、今日から新学期だったらしく、始業式で早く下校してきた小学生たちが、たくさん歩いていました。

 

「なんか、さむーい。長袖にしてよかった〜。」

 

なんて言いながら……。

 

 

この頃は、日中は暑くなるけど、朝晩は過ごしやすく、風もなんだかカラッとして、秋めいてきたな〜と感じています。

 

 

秋は秋で、学校も地域も、行事が続いて忙しいんだよな〜(−_−;)と思っていたら、さっそく中学校からメールが来ました。

 

 

今週末はPTAの活動の一環として、朝6時半から学校のお掃除なんですと( ̄◇ ̄;)。

早起き……しなきゃないんですのね。

朝のうちに終わらせるのは、その後の部活に支障が出ないようにするためなんでしょうかね?

 

夏休み中は、子どもたちが地域のお掃除をするために、朝6時半に集まった日がありました。

 

子どもも親も、早起きして奉仕活動……。

 

 

この間、地区の公園の草刈りで朝6時集合したばっかりなんですけど(−_−;)。

 

 

これから催される地区の秋祭りも、何故か祭りの会場の片付けは、中学生のお仕事なんですよね。それも朝6時集合で。

 

何でこれから部活っていう中学生を朝から呼び出すんじゃー!!!

日曜日の朝なんて、他に暇そうな大人がいくらでもいるじゃないかー\\\٩(๑`^´๑)۶////!!!

 

すみません。

心の声がダダ漏れしてしまいました( ̄^ ̄)。

 

 

しかし正直なところ、こんなに週末に早起きを強要される行事が続くと、本当に疲れます。

毎週末、朝から何かやってる、みたいな時期が、2ヶ月くらい続くので。

 

 

世間ではサマータイムがどうたら言ってますが、うちの地区は、年がら年中、学校や地域に早起きさせられますよ。

いったい何タイムなんだろう(苦笑)?

 

 

まぁ、愚痴はこれくらいにして。

 

 

 

なんだか今年の秋は、そこはかとなく不安なんですよね。

 

 

高校の秋の予定がわからない

(ものすごく忙しいんじゃないか?臨時出費はどれくらいになるだろう?)

 

息子の部活の大会がある

(中学校の時とは違う部活に入っているので、様子がわからない)

 

バレエの発表会がある

(娘がソロのピケターンを回りきれるか…衣装は無事に届くか…あらゆることがすごく不安)

 

初めての地域のお仕事がある

(お年寄りのレジャーを企画してお世話するようなお仕事になるらしい)

 

仕事の締め切りがある

(これはいつも間に合うかどうか綱渡りで不安)

 

 

パッと思いつくだけでも、わらわら〜っと出てきますよ、不安のタネが(−_−;)。

 

 

 

1番不安なのは、高校の秋の感じがまだわからないということですね。

 

「突然何かの研修などが入り、しかも結構高額なお金が必要だったりする」

 

とかいうのが1番わーっヽ( ̄д ̄;)ノとなりますね。

学校にとっては毎年のことで、別に突然でもなんでもないのですが、私にとっては、この時期にこういうことがある、と知らずに、何の準備もしていないところにお知らせが来るので、何もかもが「唐突」に感じるのです。

ママン情報網を駆使して、情報を集めねば!

 

娘の時になればだいぶわかってくるので、落ちついて準備が出来るのですけど、息子の時は常に初めてのことばかりなので、しょっちゅう慌てて、それが心臓に良くない気がするんですよねσ(^_^;)

 

 

新学期が始まり、夏休み終わったー!と解放感に浸ってのんびりしてたら、すぐに次の何かが迫って来るような気がして、気分的にくつろげないというか、そんな感じです。

 

 

心配性って損だなぁ(*´ω`*)。

 

 

最近、スーパーに並ぶ野菜や果物が、夏のものと秋のものが混ざってますよね。

梨が出たんだな〜、秋だな〜、と、今日買ってきました。

 

 

去年の秋は、息子が受験で模試地獄、学校は行事だらけで合唱地獄(ソロパートがあって、リーダー的合唱部女子にビシビシ鍛えられてた(笑))、生徒会の引退が遅すぎる地獄、だった我が家。

 

去年に比べたら、今年の秋はまだいいのか?

それとも高校が新たなハードさをもたらすのか?

 

 

いろいろ考えると、不安におののいちゃう感じ:(;゙゚'ω゚'):なのですが、美味しい秋の味覚を味わいながら、徐々に気持ちを秋モードにしていかないとなぁ〜、と感じた日でした。