ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

雑誌の付録買い

スポンサーリンク

 休息&仕事メインのお盆中のママンですが……。

 

この間、子どもたちと大きな書店に行ったとき、雑誌(ムック)のコーナーを通ったら、こういうものを見つけました↓。

いわさきちひろ 100th ANNIVERSARY BOOK (e-MOOK)

いわさきちひろ 100th ANNIVERSARY BOOK (e-MOOK)

 

 

フレミー会長~!

もうチェック済みかもしれないけど、付録が、いわさきちひろさんの絵柄のバックですってよ~!

100th  ANNIVERSARY  ですって〜(*≧∀≦*)!

 

flemy.hatenablog.jp

 

 

私、結構、ムック本の付録、好きなんです。

 

PETER RABBIT 世界でいちばん愛されるうさぎ (e-MOOK) (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

PETER RABBIT 世界でいちばん愛されるうさぎ (e-MOOK) (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

 

 

このムックも、ピーターのバッグが欲しくて買いました。

PV加工で、濡れても大丈夫だし、マチもあるし、A4がすっぽり入るので、仕事の会議に資料や原稿用紙をわんさか入れて行ったり、バレエの衣装カタログを入れてレッスンに行ったり(衣装係ですからね)、この間は息子のオープンキャンパスでも、パンフレットや資料入れにと、大活躍しました。

 

GLOW(グロー) 2018年 8 月号

GLOW(グロー) 2018年 8 月号

 

 ↑この3点セットも欲しかったけど、忙しくしているうちに買いそびれました。

今からでも、ネットでポチなら間に合うかしら。

バレエレッスンが長い時、ちょっとゼリー飲料や軽食を入れて行くのに良さそう。運動会なんかにも。

 

 

昔は、雑誌の付録って、こんなに充実していませんでしたよね?

いつからか、雑誌の付録がものすごく充実するようになって、時々、普段は買わない雑誌を付録が欲しいためだけに買う「付録買い」をするようになりました。

 

 

私は普段から荷物が多くて、しかも常に時間に追われて急いでいるので、バッグの扱いがかなりガサツなのです"(-""-)"。

 

若いころはブランドものに憧れて、お高いバッグをバイトして買ったりもしたものですが、今はとにかく、丈夫で雨や雪に濡れても大丈夫で、たくさん入るものがいい。

重さに耐えて、車にボンッと投げ入れてもへこたれないようなのがいいのです(^^;)。

 

つくづく、ファッションやバッグは、ライフスタイルありきなのだなぁ、と感じます。

 

 

最近の雑誌の付録バッグは、そんな私のニーズにこたえてくれるものが結構あるんですよね。

もし再生不能なほどに汚れたり壊れたりしても、何万円もしたわけではないので、買い替えも気軽。

 

 

まぁ、かぶりますけどね~。

 

街中で、

 

「あ、あの人も同じバッグ!」

 

ということは、しょっちゅうです(笑)。

 

 

でも、同じバッグを持っているということは、その人も、今バッグに求めている機能が私と一緒ということですよね。

 

てことは、私と同じような生活をしているママンさんなのかなあ、なんて、親近感が湧いちゃったりします(*^-^*)。

(こんな田舎でブランド物のバッグ持って農道を歩いているほうがおかしいですしね)

 

 

他にも、メイクブラシや、小さなお財布など、今だけちょっと必要なんだけど、「一生もの」とか言って大枚はたくほどでもないような物要りのとき、重宝だな〜っていうものが多いと思います。

 

 

いわさきちひろさんのバッグが付録についてるムック本を見かけて、久しぶりに、雑誌の付録バッグが欲しくなりました。

今の私の気分に合うわ〜(*゚▽゚*)。

 

 

こんなこともまた、私の小さな楽しみ♡

 

いつか、忙しすぎるライフスタイルも、火の車の家計も落ち着いて、自分の時間やお金に余裕ができたら、ブランドバッグもまた欲しくなるかもしれないけれど、今は、雑誌の付録がちょうどいい私です。

 

 

いろんなブログを拝見してると、ササッと自分で作ったりできる方もいらして、そういうのも憧れますね〜(*´∀`*)。

絵が描けたり、ハンドメイドができたりする人、羨ましいです!

 

 

あ、ムックは、買ったらば、付録のバッグを使い倒すだけじゃなくて、本の方も、ちゃんと読んでますよ〜(笑)。