ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

雨の日の過ごし方

スポンサーリンク

 

最近、私は何をするにも

 

「よっこいしょ!」

 

と言っているようです。

 

 

立ち上がる時、座る時、車の乗り降りの時、高い所の物を取る時……。

しまいには、テレビのリモコンを手に取る時まで言っていることに、気づいてしまいました。

 

一度気づいたら、しょっちゅう気づくようになりました。

 

買い物カゴを持ち上げる時も、バレエで娘につけまつげをつける時も、とにかく、動くたびに

 

「よっこいしょ!」

 

と言っているのです。

あまりの掛け声の多さに、我が事ながら、恐れおののいてしまいました。

 

掛け声をかけないと動けないなんて……。

しかも

「よっこいしょ!」

なんて、すんごくおばちゃんくさい。

私って、ここまで老化してたんだΣ(゚д゚lll)

 

 

いつから動作に

「よっこいしょ!」

がくっつくようになったのでしょう。

始まりは、いつだった?

最近の話?

それとも、ずっと前から?

……自分では、まったくわかりません。

 

 

なんか……落ち込むわー(−_−;)

 

 

忘れっぽいのと疲れやすいのは自覚していましたが、こんなにも老化が進んでいたとは。

ソファに座るとすぐに寝てしまうのは、日頃の寝不足のせいと思ってきたけど、もしかして、それも老化?

 

 

そういえば、向こうからおばちゃんが来たと思ったら、お店の窓ガラスに映った自分だったということもありました(笑)。

 

 

そんなこんなで、気が沈んでいる月曜日です。

週末の疲れも引きずっているし、ずっと抱えている懸案事項も片付かないまま。

自分で自覚しているよりも疲れたり傷ついたりしていたのか、元気が出ません。

 

まぁ、こういう感じは、たまにやって来るので、バイオリズムなのかもしれませんが。

 

 

いずれにしろ、弱っているのを自覚しているので、今日は、自分メンテの日です。頑張りません。

せっかくの雨でもあることだし、家に居て、家族が帰って来るまでのんびり過ごします。

 

 

朝お弁当を作って家族を送り出し、洗濯物を干した後は、午前中、何ひとつ成し遂げていません(笑)。

 

 

でも、沈んだ気持ちが底を蹴って上昇を始めるまで、今日は待とうかな、という気分。

 

 

こう見えて(見えてないか)、私は案外真面目ちゃんなので(笑)、昔から、頑張れない自分を責めてしまいます。

 

人から言われたことも結構いつまでも気に病むし、結果を出せない自分を許せないところがあります。

 

 

親友からは、

 

「がんばり過ぎ。」

「人に気を使い過ぎ。」

 

と、よく言われます。

 

「普段は毒舌なのに、肝心なところは我慢するよね。仲良くなったからこのくらいは大丈夫かなと思って軽口叩くと、傷ついてたりするしさ。」

 

とも……。

ごもっとも。

そうなんだよねぇ……。

 

「もっとみんな、言いたいことを言って、自分ファーストで好きに生きてるよ。あんたも好きに生きな!」

 

 

そうなの?

みんな、もっと、自由なの?

 

 

それにしても、男前な親友(笑)。

離れているけど、私のこと、よくおわかりで。

 

 

みんな、もっと言いたいことを言って、やりたいことをやり、やりたくないことはやらないで生きているってこと?

 

 

……まぁ、

「それほど強気に出られたら気分いいだろうな。」と思う人とか、居ますけどね(笑)。

 

 

 

 

晴れの日は気持ちがいいけれど、家事を頑張ったり、出かけたり、と、動くモードになってしまうので、

雨の日は、お天気を言い訳に、心と体を休めやすい日です。

 

梅雨時でずっと雨が続いたら、

「晴れてよー!」

と思うのはわかってるのですが、今は、雨が有難い気分。

 

 

雨の日の過ごし方。

 

自分を癒す。

 

 

 

誰のお世話もせず、誰にも気を使わず、自分だけの気持ちに正直に、思う存分ダラダラします。

 

 

お昼はテキトーにあるもので済ませて(これができるのは、主婦にとっては贅沢なこと)、家から一歩も出ない。

掃除は明日。

アイロンがけも明日。

夕飯の支度は、子どもたちが帰ってきてから、さも忙しそうにやることにする(笑)。

 

 

午後は、海外ドラマを観るか、仕事にも教育にもまったく関係ない本を読み、眠くなったらウトウトします。

 

あ、ちょっと楽しみ。

ワクワクしてきたかも。

 

夜までにはハッピーチャージできるかしら〜。