ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

散歩の誘惑

スポンサーリンク

息子は今日、模試を受けに行っています。

全く対策できてないけど、大丈夫かな(汗)。

 

中学校の時よりも、さらに家にいる時間が少なくなったので、何をどのくらいやっていて、どの程度の理解なのか、私はさっぱり把握できなくなりました。

 

もう高校生だし、それでいいのだろうと思います。

親の手出し口出しが無くても、自分でやれるようでなくては。

 

 

……でも、息子の成績優秀な同級生は、お父さんがお医者様で、お父さんから英語をビシバシ鍛えられていて、もうすでにセンターの過去問は180点取れているらしい、とか、物理基礎はもうとっくに終わっているらしい(学校では4月から習い始めたばかりだけど……なんという先取り!)などと聞くと、英語をビシバシ鍛えたり物理基礎を教えたりできない親である私は、大変焦るのであります。

 

 

息子自身も、今回の模試は全く自信が無いようです(模試で自信があったことは一度もないけど)。

そもそも全国統一系の模試自体が初めての受験です。

「きっと、ビックリするほど酷いだろうね〜。」

と、苦笑いするしかなく……。

 

 

まぁ、結果はどうであれ、その結果を受け止めて前に進むしかないですよね。

課題の発見に役立てよう!

前向きに(ヤケクソ)!

 

 

 

娘は昨日のバレエで、先生からたくさんダメ出しされ、筋トレなどの宿題もたくさん出されました。

足の指も、皮がむけて痛そう。

 

昨日のレッスンでは、娘たちの体幹がまだまだ弱いからと、ピラティスも取り入れられました(先生はピラティスを教える資格もお持ちなので)。

腕立て状態で右手と左足(左手と右足も)を上げるメニューのときは、娘、ワナワナ、ブルブル……。

 

まるで、生まれたての子鹿じゃないの(笑)!

 

あちゃー。゚(゚´Д`゚)゚。

筋トレ、課題だな〜(汗)。

私も一緒にやったら痩せるかしら(苦笑)。

 

 

自分で縫っていたポワント(トゥシューズ)は、おろしたては良かったけれど、長くレッスンしているうちに、小指が痛くなってきていたらしいです。

テーピングも巻いていたけど、

「足が死んだ。」

と言ってました(苦笑)。

更なるカスタマイズが必要です。

 

今日は、足のケアと、宿題の腹筋と、コアを鍛えるエクササイズのDVDを自宅でやります。ポワントの微調整もしないと……。学校の宿題も美術部の宿題?もあるし……娘もやることいっぱいです(*_*)。

 

 

 

私は、1週間溜めてしまった中(娘)、高(息子)社会人(夫)のワイシャツにアイロンをかけ(アイロンがけが嫌いなので、グズグズしてます)、自分の仕事もやらないといけないので、やっぱり忙しい。時間に追われる日曜日です。

 

 

夫だけが暇そうなので(おいっ!)模試の息子の送迎を担当してもらうことにしました。ついでに買い物も頼んじゃえ( ̄ー ̄)。

 

 

 

子どもたちが小さい頃は、週末、よくお散歩に出ました。

お天気が良いと、道端の花や虫を子どもたちが発見して、立ち止まったりしゃがんだりして、ちょっとの距離を、時間を気にせず、ゆったりと歩いたものです。

あの頃は、お日様の陽を浴びる幸せや、気持ちのいい風に吹かれる爽快さを、子どもたちと存分に味わいました。

のんびりしていて良かったな〜、と懐かしく思い出します。

 

今はもうみんな忙しくて、家族でのんびり散歩、なんていうことはできなくなりました。

あの頃の自分に会えるなら、

「今のその時間、すっごく幸せなのよ!存分に味わって、しっかり心に刻んでね!」

と、声を大にして言いたいです。

 

 

今日もお天気は晴れ。

お外がキラキラしています。

あたかも、お外が私を呼んでいるようです(笑)。

こんなに晴れてキラキラしていて、お外が私を呼んでいないなどということがあろうか?いや、決して無い(反語)(笑笑笑)。

 

 

 

あー、アイロンも仕事もやりたくなーい( ̄◇ ̄;)!

サボってちょっとだけお散歩に行ってこようかしら〜(笑)。