ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

参観日疲れ

スポンサーリンク

昨日は久しぶりに、家族全員、誰も何も予定の無い日でした。

早起きする必要のない日なんて、いつぶり?

目覚まし時計もスマホのアラームもセットせずに、自然に目が覚めるまで、ぐっすり寝ました。

 

自然な目覚めって、なんて清々しいのかしら〜(´∀`)

 

と嬉しく目覚めたものの、どういうわけか、起きてからもずーっと、眠くて眠くて……。

 

本を読んでも寝落ち、テレビを見ても寝落ち、スマホをいじっていても寝落ち(苦笑)。

 

息子が運動会の制作物を作ってワサワサしても、娘がバレエの自主練をしてドタドタしても、まったく気にならず、午前中はずっとウトウトし続けました。

 

ドッと疲れが出た感がありますが、この疲れ方は、土曜日に娘の中学校の参観日があったことも関係していると思います。

 

 

参観日って、いろんな人に会うせいか、すごく疲れます。

特に今回は、クラス替えをしてから初めての参観日だったので、これから、どんなお子さんや親御さんと、卒業までの2年間を過ごすことになるのかがわかる、という緊張感がありました。

 

 

 

これまで小学校でも同じクラスになったことがあるお母さんを見かけました。

確かその当時は、談笑できる程度の間柄だったはず、と思い、声をかけようか迷っていると、

「あら〜!」

と、私をスルーして、私の後ろに居た別のお母さんのもとへ駆け寄るその方……。

 

……そんなものよね(苦笑)。

 

 

一緒に役員をしたことのあるお母さんでも、今でも普通に楽しくお話できる方と、今はもう挨拶程度しかしない方とに分かれました。

 

基本的に、「去る者は追わない」主義の私ですが、

 

「あ、距離を置かれたな。」

 

と思っていると、何か聞きたいことがあるときだけ、またスーっと寄ってきたりメールを寄越したりする方がいます。

正直、閉口します(笑)。

 

 

ものすごく依存されたかと思ったら、何故だかわからないけれどスッと距離を置かれ、そうかと思うとまた寄ってきて……。

 

まぁ〜、訳あって私から距離を置いたこともあるので、そういうのはお互い様で、距離感がよくわからなくても、深く追求しないほうがいいのでしょう。

喋ったら喋ったで、喋らなかったら喋らなかったで、どうやったって疲れるのですから(苦笑)。

 

「誰にでも失礼のない程度に挨拶くらいはして、深入りはせず、あとは微笑みをたたえて乗り切る!」

これに尽きますね(笑)。

 

 

でも、そんな疲れる参観日の中でも、1つ良かったことがありました。

息子が卒業したので、娘の授業を最初から最後までじっくり観ることができたことです。授業時間の半分ずつ、2人の子どもの教室を回る煩わしさが無くなりました。

娘、発言したりして、なかなか頑張っていました。

 

 

 

そして、参観日のあとは(15時頃)、急いで帰宅して着替えてバレエへ。

帰宅は20時でした。

そこからバレエの連絡網メールが回り、返信して、息子と少し話をして、食事とお風呂もろもろを済ませたら、寝たのはやっぱり夜中でした。

 

考えてみたら、もともと土曜日はバレエで朝から晩まで忙しいのに、今週は参観日も入ったので、いつもの週よりハードだったんですよね。

1日寝坊しただけで回復できる疲れではなかったのかもしれません。

どうりで眠いわけだ……。

 

 

でも、幸い、今日もお休み!

ちょっとした用事はありますが、可能な限りのんびりして、心身の疲れを癒したいと思います。

 

 

 

皆さんも、休んだり出かけたり、それぞれのゴールデンウィーク、有意義にお過ごしくださいませ(*'▽'*)