ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

食欲減退と爆発

スポンサーリンク

新学期が始まって、子どもたちの生活時間(特に)高校生の朝の早さと帰りの遅さに振り回されています。

 

特に昨日は、塾から22時に帰宅し、今朝は6時出発でした。そのため、私は12時すぎに寝て(これでも急いで寝たんですけどね)、今朝はお弁当作りのため、4時起き。

家族がみんな出払った後、しばらくソファで寝落ちしてしまってました(苦笑)。

 

いずれ慣れてきたら、もう少し遅く起きたり、お昼はコンビニや購買で買ってもらったりと、柔軟に対応できるようになると思いますが、とにかく今は、通学にもまだ慣れていないので、遅刻しないようにお弁当を持たせて送り出さなくては!という危機感で、早く起きないと不安です(苦笑)。

 

息子本人も、遅寝早起きに加えて応援歌練習週間のため、緊張と疲れがMAX。食欲が無いのか、早起きして作ったお弁当も、なかなか全部食べられないようです。

「炭水化物が入っていかない。」

などと、羨ましいことを言います(笑)。

これ以上痩せてどうする、というほど痩せているのに、食欲減退の息子です。

 

今日は塾がないので、お弁当は、ご飯の量を減らして、おかず多めにしてみました。

今夜の夕食は、息子も家でゆっくり食べられる日だから、希望を聞いてから作ろうかな、と思ったり。

 

応援歌練習が終わり、生活にも慣れてきたら食欲も戻るのではないかと思っていますが、あまり体が丈夫なほうではないので、毎日ヒヤヒヤです(汗)。

 

 

一方、食欲が爆発しているのは、中2の娘。バレエがあるので、本人なりにお菓子などはあまり食べないように気を付けているようですが、1日3食では足りないお年頃……。

炭水化物を欲しているのが伝わってきます。

 

特に、芋(笑)!

 

じゃがいも、さつまいもが素晴らしく美味しく感じられるらしいです。

ポテトサラダ、フライドポテト、スイートポテト……。

太りそうなものばかりを、じぃ~っと見てます(食べたいとは言えないところがいじらしい)。

太りやすいのに、食欲が爆発してしまっている娘(苦笑)。

 

 

息子には、食欲が無くても食べやすくてスタミナがつくものを食べさせたい。

娘には、太りにくい食材を、安心して美味しく食べてもらいたい。

夫と私には、中高年の健康を意識した、ヘルシーなメニューを多くしたい。

 

 

……私は何を作ればいいのでしょう(笑)?

 

 

これに、祖父母が加わったりすると、もはやそれぞれのニーズに答えた料理を作るなど無理で、

「バイキングに行って、それぞれが好きなものを食べた方が早い。」

となります。

 

我が家でもバイキング形式にすればいいのでしょうけど、毎日、選ぶほど多くの品数は作れませんし……。

 

 

この時期は、書店でもお弁当の本がたくさん並びますよね。

私も、書店に行くたびに毎回チェックしていますが、「中高生の~」「男子の~」「女子の~」「朝詰めるだけの~」「作り置き常備菜の~」と、たくさんありすぎて目移りしてしまい、いつも買わずじまいです(苦笑)。

 

Instagramでも、素晴らしく美しいお弁当の写真を載せている方がたくさんいらっしゃるので、参考にさせてもらっています。

 

でも、美しく立体的に詰められているお弁当たち。

見とれてしまいますが、あれは……蓋が閉まるのかな(笑)?

 

息子が中学生の時、雑誌で見た、美しく立体的な詰めかたに挑戦してみたくて、蓋に高さがあって、おかずが潰れないというお弁当箱を使ってみたことがあるのですが、私の詰めかたが緩く、しかもふんわり蓋をするお弁当箱だったので、チャリ通学だった息子に

「ぜんぶ、グッチャになってた!」

と、怒られたことがあります(笑)。

 

それからはまた、ビッチリ蓋をするお弁当箱に戻っているわけなのですが、今でも、おしゃれな曲げわっぱにおかずカップを使わないで美しく詰めるお弁当とか、憧れなのです。

 

あ、話がそれましたね。

そして、全然まとまってない(苦笑)。

 

 

食欲減退の息子と、食欲爆発の娘をかかえて、今夜は何を作ろうかな、明日のお弁当はどうしようかな、ということを書きたかっただけの記事でした(笑)。