ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

息子とコーヒー

スポンサーリンク

今日は、息子と、高校まで、登下校のリハーサルに行って来ました。

 

電車&バス利用で、何分見れば学校へ着くのかを確認したり、電車からバスへの乗り換えの場所を覚えたりするためです。

 

入学式までに、手続きやオリエンテーションのために高校へ行く日が2日あります。さすがに2回も行けば入学後の登校は大丈夫だと思いますが、その2日とも、保護者同伴ではない生徒のみの登校のため、その日に遅刻しないよう、リハーサルの必要がありました。

 

本当は、平日の登校と同じ朝の時間帯にやってみたかったのですが、なんだかとても忙しくて、今日しか予定が組めませんでした。

 

 

私は口を出さずに、息子について歩く形でやってみましたが、思ったより大丈夫そうな感じ。わりとスムーズに、乗り換えをクリアしていました。

さすが、脳みその柔らかい若者。

順応性が高い。

 

 

まず駅から学校まで行ってみて、次は学校から駅に戻って帰宅するパターンと、学校から塾へ直行する日の道のりもやってみました(たくさん歩いて、私はヘトヘト)。

 

息子は駅やバス停の時刻表をスマホでパシャパシャ撮りながら、登下校するイメージを膨らませていたようでした。

最初は疲れると思いますが、きっとすぐに、電車やバスや、駅ビルの中のお店などに、私よりも詳しくなることでしょう。

 

 

帰りに、学校の近くにある、コーヒーが美味しいと評判のカフェに寄って、ひと休みしました。

オープンスクールや文化祭に行ってみたときから、その素敵なお店に入ってみたかったのですが、その日に限って定休日だったりして(苦笑)、今までご縁がなかったのです。

でも今日は、学校からバス停へ向かって歩いていると、ふわーっとコーヒーの良い香りが……。

 

私    「あ、あのお店、今日はオープンしてるんじゃない!?」

 

息子 「寄る?」

 

私     「寄ってみてもいい?」

 

息子 「まぁ……いいけど……。」

 

ということで、お店の中へ……。

 

 

息子と2人で、コーヒーとケーキのセットをいただきました。

 

コーヒーもケーキもとても美味しくて、ゆったりした良い時間でしたが、向き合ってコーヒーを飲んでいるのが我が子、というシチュエーションが、なんとも不思議で(笑)。

 

 

息子とカフェでコーヒーを飲む日が来るとは……!

 

 

大きくなったものだな~。

 

 

きっと、高校生になったら、女の子と、このお店に来たりもするようになるのかも……。

 

そのときは、

 

「ここ、前に母ちゃんと来たことある。」

 

なんて言ってはダメよ(笑)。

 

 

 

スマホを片手にコーヒーを啜る息子が、大人の階段をグングン昇っていくように感じて、嬉しいような寂しいような、照れくさいような……複雑な心境で、でも、しみじみしてしまいました。

 

 

息子は、今日のことは、登下校に関わる情報(駅のホームやバス停の景色など)を記憶に留めたと思いますが、私は、今日のことは、初めて息子とカフェでコーヒーを飲んだ日として、ずっと覚えていると思います。

 

 

慣れない電車やバスを使って、1人で登下校できるようにさせなければならない!という義務感だけで出掛けた今日でしたが、終わってみれば、思いがけず、私だけの大切な想い出の日になりました。