ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

公立の倍率発表

スポンサーリンク

前回、雪かきのあとで神タイム(おやつを食べながら海外ドラマ観る時間)を設けることを楽しみに、嫌々、雪かきを始めようとしているところでブログを終えました。

 

1時後には、神タイムが待っているはずでした。

 

……が、神タイムはやって来ませんでした……。

雪の勢いがすごくて、大雪警報が出て、そのとおり大雪になったのです。

 

とりあえず車を出せるところまで雪かきをして、悪天候のため子どもたちを学校に迎えに行って、息子と娘をピックアップして戻ってきました。

そして家に戻ってくると、迎えに行っていた小1時間程度の間に、さっき雪かきしたところに、また雪かき前と同じくらい積もっていました。

また雪かきしないと、今度は車を入れられないので、とりあえず子どもたちを家のなかに入れ、夕飯の準備や靴下の手洗いなど頼めるものは子どもたちに頼んで、私はまた雪かき。夫の車を置いているスペースと、子どもたちが通学で通る遊歩道まで、また1時間雪かきしてから家のなかに入りました。

普段迎えに行くだけなら往復20~30分で済むところが、3時間かかりました。

何たる時間のロス(涙)!

 

そのあともどんどん降ってどんどん積もり、翌日の朝は、夫と2人で5時起きでまた1時間雪かき。やっとのことで出勤&通学しました。

雪に慣れている地方とはいえ、こんなに降ったのは何年かぶりだったのですから、休校とか、始業を遅くするとか、何か対策があるのでは?と期待しましたが、そんな計らいは一切無しの通常稼働でした(苦笑)。

 

雪かき中も運転中もツルツルの地面と格闘していたので、スベるとかコケるとか、言いたくなくても受験生の禁句が何度も口をついて出てしまいました(苦笑)。

禁句を言わないようにするというゲンかつぎは、今年は諦めました(苦笑)。

 

そんなこんなで、昨日は体中がギシギシ言って、掃除機をかける気力体力もなく、雪疲れしておりました。 

 

 

そんな大雪騒動と時を同じくして、受験界(どんな世界じゃ(笑))では、公立高校の出願期間が終わり、志願倍率が発表されていました。息子の志望校は、1.0は超えているけれど、最高倍率というわけでもありませんでした。

  

結論……このまま行く。

 

息子の同級生の中では、あきらめていた志望校の倍率が思ったより高くなかったから、やはりそこに挑戦することにした、という人や、反対に、志望校の倍率が思ったより高かったから、安全を取って1ランク下げるという人など、いろいろ動きがあるようです。

この調整期間を経て、来週には調整後の最終倍率が決定します。

 

もう逃げられないところまで来ました。

 

実力テスト(数学は復調したものの、英語と理科でややコケ)も終わり、来週学年末テストを終えたら、あとはもう本番に向かって突き進むだけです。

 

ここ数日、受験日の早起きに体と頭が慣れるようにと、夜の勉強を1時間早く切り上げ、朝1時間早く起きて勉強するようにしている息子です。

 

寒さも厳しい今年の冬ですが、なんとか体調が持ちますように。

 

今年の冬は、寒くて雪が多いからか、受験も抱えているからか、いつもより厳しく長く感じています。

 

スーパーへ行くと、ひな祭りのひなあられが置いてあったり、やたらと桜味(苦笑)?のお菓子などが並ぶようになってきました。

桜は心がウキウキしますが、正直なところ、桜味の食べ物はあまり好きではありません(笑)。

でも、いろんな意味で春を心待ちにしている今年の冬は、買ってみたいような気にもなりますね。

 

春待ち

という表現がぴったりくる、そんな心境です。