ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

受験日朝のシミュレーション

スポンサーリンク

先日、公立高校受験当日の朝の交通手段を吟味するべく、シミュレーションに行って来ました。

 

候補のパターンは、車で送るパターンと、駅からバスを使うパターンです。

 

まずは早起き。5時起床。

当日はお弁当も作るので、もっと早起き(汗)。

 

6時に家を出て、車で高校の近くの車をとめられそうな場所まで30分ちょっとでした。

その日は道路が凍っていなかったので30分強で着きましたが、当日の天候や道路状況が悪かったらもっとかかると思うので、少なくとも1時間は見ないとダメだなと思いました。

いや、当日は受験生で込み合うはずなので、駐車スペースを確保するためには1時間半見ないとダメかも。

 

そして車から降りて、最寄りのバス停まで、時刻表を確かめに歩いて行ってみました。

実際に歩いてみたら、思った以上にバス停までの距離があり、ツルツルに凍った日影の道路を通らなければならず、しかもその朝はマイナス12度!だったので、極寒!!!

耳がもげるかと思いました。

 

ようやくバス停について、時刻表をスマホで撮影していると、そこへバスが到着。

降りてくる高校生はそんなに多くなかったものの、一般のお客さんがギュウギュウに乗っていました。

バスを利用した場合、おそらくそのバスに乗ることになるので、

「こんなに混むんだと、高校に着く前に疲れるかも……。もし体調が本調子じゃなかったら、バスはキツいかもな……。」 

と、若干、心が折れました(苦笑)。

 

バスを利用した場合は、集合時間より早めに着いてしまうので、バス停近くのコンビニで暖を取りつつトイレに行って……などと考えていたので、コンビニチェックにも向かいました。

 

しかし、ここでも、バス停からコンビニが、車で通ったときの感覚より遠い!歩いたら、すごく遠い!!!

 

マイナス12度の中を、ツルツルの道路に気を付けながらチマチマと歩くからか、ほんっとうに寒くて、時間がかかりました。

「これは……受験日の朝は辛い。」

と、バスパターンは私の中では却下の方向へ。

 

これは定かではないのですが、面接で

「今日はどうやって来ましたか?」

と聞かれることがあり、そのときに

「車で送られてきました。」 

と答えるよりも、

「電車とバスで来ました。」 

などと、公共交通機関を利用して来たと答える方が好印象だということを聞きます。

 

それを考慮してバスパターンも考えていたのですが(入学後は駅からバスのパターンで通うことになりますし)、受験日当日に限っては、無理しない方がいいかなと……。

面接でもし本当に交通手段を聞かれたら、正直に、

「今日は車で近くまで送られてきました。」と答え、

「入学後はバスを利用する予定です。」

と、付け加えられればいいかな、と。

 

その高校の在校生たちも、バスから降りてくる生徒さんよりも、車で送られてきている生徒さんの方が多かったです。

 

極寒で、ちょうどいい時間に着くバスが無いという土地柄ゆえか、朝だけでも送る人が多いのかもしれません。

でも、うちは遠いので、毎朝この高校まで車で送るのは無理!

受験日当日はしかたないけれど、入学後は、早すぎる時間のバスでも、混んでるバスでも、頑張って乗ってくれ。

バスが嫌なら、駅からチャリよ!

 

なんて思いながら高校前を通って帰ってきました。

 

高校生たちは、朝の7時前から学校に入っていく子が多く、7時すぎたらもうワラワラやってくる状態で(笑)、みんな、朝早い!

我が家も、受かれば4月からこの時間帯にここに居るように送り出さなきゃならないのね……と、若干ブルーになりました(苦笑)。

 

一応、後日バスパターンもやってみようと思いますが、比較的空いているであろう6時台のバスに乗るとしても、当日の天候が寒すぎたり大雪だったりしたら厳しいと思います。

 

 

鼻も耳ももげるんじゃないかと思うほど寒かったですが、実際に高校まで行ってみて、歩く距離やコンビニの様子などを確かめられましたし、車をとめられそうな場所に実際にとめてみたことで、少し不安が解消された部分もあります。当日は車にしようかな、と選択肢も絞れてきましたし、やっぱりシミュレーションは大事だな、と思いました。

下見は必ずするべきですね。

 

本当は、受験日と同じ曜日の同じ時間帯に、息子と一緒に冬休みなどにやってみればよかったと今になって思いますが、冬休みは私立受験が迫っていましたし、塾の冬期講習や正月特訓が朝からだったので無理でした。

 

これから先も、受験日当日まで平日の学校のお休みはないので、本人が、朝のシミュレーションに行くのは無理なんですよね。

冬休み前にやっておけばよかったか……と思ったりもしましたが、冬になる前だと、雪道の想定ができないので、やっぱり雪が降ってからでないと意味がありません。

 

そんなわけで、こんな極寒で、インフルエンザも流行っているこの時期に、朝のまだ暗いうちから家を出て行ってきたわけです。

 

この苦労が報われて、受験当日は、スムーズに、時間に余裕を持って高校に到着できることを祈るばかりです……。