ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

塾の入会テスト

スポンサーリンク

忙しさの合間を縫うようにして、息子が塾の入会テストを受けてきました。

 

先日の高校入試分析会で、塾の分析力と情報量、演習のカリキュラムを見せつけられ、

「やっぱり入ろう!」

と決意した息子と私。

 

www.mamannoshosai.com

 

 

本当は夏期講習から受けたかったのですが、夏休みに手術入院が入るため、残念ながら受けられず……。

 

でも、夏休み明けからは、手術も終えて右手の状態も良くなっていると信じ、夏期講習終わりの演習カリキュラムから、すぐに塾に通い始められるように、いろいろと今から段取りを進めておく必要があります。

 

そこで、夏休みに入る前に入会テストを受けることにしたのです。もしそれに合格すれば、その合格は2ヶ月有効ということなので、遅くとも9月までに入会すればいいということになります。

退院後に入会テストを受けるところからやっていると、入会がどんどん遅れてしまいます。夏休み前にテストをパスしておけば、通い始めるのは手術が終わってからだとしても、夏休み前にテキストを頂いて、夏休みに少しでも見ておくことができます。

 

……ということで、なんとか日程を取り、受けてきました。

 

合格点は何点かはっきりしたことはわかりませんが、合格の基準はクリアできたようで、無事に入会できることになりました!

 

ただ、中3の秋からだと、いちばん上のクラスは難しいとのこと。おそらく上から2番目のクラスになるだろうということでした。

でも、いちばん上のクラスは、県外の名だたる超進学校を狙う子達が集う、超絶デキるクラス。高校から県外に出るつもりのない我が家は、初めから考えていないので、そこは問題ありません。

 

上から2番目のクラスは、県内の公立トップ高校の上位合格を目指すクラスです。このあたりで「公立トップ高校」のくくりに入るのは2校なのですが、息子の志望校は(まだ迷っていますが)そのうちの1校です。

なんとかそこのクラスで頑張り、食らいついていってほしいところです。9月の塾でやるテスト結果を見て、受験校の提案もしてくださるそうなので、志望校決定についても相談するところができて心強いなと感じています(息子の通う公立中では、受験校の提案などは、いまだされていないようで……どの高校を受けても何も言われないけれど、高望みして落ちても自己責任なんだとか……その噂は本当なんでしょうか?本当だとしたら、もはや進路指導とは言えませんね)。

 

きっと、ただ合格するだけなら、自宅での通信教材だけでもなんとかなるのかもしれません。でも、進学校は、入ってからついていけるか、上位に居られるかがとても大事だと思います。上位に居てこそのモチベーションや、めぐってくるチャンスというものがあると考えます。

 

高校生活の質や、大学受験のことを見据えると、「上位合格」するということがとても大事になってくるので、ひっかかるようにしてギリギリで滑り込むような入りかたをするくらいなら、1ランク下げた高校への上位合格を狙った方がまだいい、というのが、我が家の考えです。

 

塾では、高校入学後の、大学受験までも見据えた指導がなされるとのことでした。

すべては、子どもがついていければ、の話ではありますが……。

 

夏期講習を受けられないのが不安だと相談すると、

「夏休みは、受験本番の時に右手が使えるようにするためにも、手術をいちばんに考えてください。入会テストの成績を見る限りでは、夏の間は、今やっている通信教材できっちり復習をしてくれば充分ですよ。夏期講習でやることも、これまでの総復習ですからね。」

と、言っていただき、少しホッとしました。

 

通信教材を「きっちり」やりきれるかも実は不安なのですが(苦笑)、でも、出来るかぎりやるしかありません。

 

学校の同級生も、ここへきて部活の引退を機に、塾に入る子が急増しているようで、息子の周りでも、入会テストの話をしている子が多くがいるそうです。

 

ここは田舎なので、都会の中学生から見れば、今から塾なんて、とても遅いんだとは思いますが、我が家にとっては一大決心です(汗)。

 

お金や塾弁当、送迎など、大変なことが増えますが、

「プロの先生にお預けできる。」

「わからないところは塾で聞いてきなさい、と、これからは言える。」

というところに、ホッとしている私もいます。

 

秋からどういう生活になるか……期待と不安が入り交じっていますが、今は、とりあえず1歩踏み出した!という興奮でいっぱい(笑)。

 

 

次なるステップは、部活引退後、正式な入会手続きをしに行って、テキストを頂いて来る(購入するのですが)日になります。塾のテキストって、当たり前ですが市販されていないので、前から見てみたかったんです(笑)。

 

手術さえなければ明日にでも通い始めたい気持ちでヤキモキしますが、はやる気持ちをおさえて、通信教材の夏の総復習号を「きっちり」やるよう、息子を励ましていきたいと思います。