ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

親知らず奮闘記 その2

スポンサーリンク

昨日、歯医者さんに、メンテナンスに行って来ました。定期的に受けているクリーニングの日でした。

 

クリーニングだけでも結構痛いときがあるので(苦笑)、いつもちょっと緊張しちゃうんですが、昨日はクリーニングが痛いかどうかよりももっと気になることがあり、憂鬱にムチ打って行って来ました(笑)。

その「気になること」とは、過去記事でも書いた、「親知らず」問題です。

 

www.mamannoshosai.com

 

まさか40歳を過ぎてからから生え始めるとは思っていなかった、右下の親知らず。レントゲンでは、ばっちり斜め↗に生えていて、隣の歯を威嚇しているのがわかります(笑)。

生えてきているのに気がついたのは年明け早々なのですが、「気のせいだ」と思いたい時期(見て見ぬふり期)を経て、やっと今日、受診に至りました。

 

前々から、かかりつけの歯医者さんから、「もし、この親知らずが生えてきて、傷みなど何らかの症状が出たときには、歯茎を切開して、歯を割って抜くという結構大変な抜歯になりますので、大学病院の口腔外科で抜いてきてください。」

と言われていました。普通の歯医者さんでも敷居が高いのに、

「大学病院の口腔外科」

などと恐ろしげなことを言われては、重い腰が上がらないというもの……(涙)。

 

今日はいよいよ

「即、抜歯です。口腔外科に紹介状を書きます。」

と言われるかと思って、覚悟して行ったのですが……。

 

 

結論から先に言いますと……

 

「抜歯はもう少し様子を見てからでも可。」

 

ということでした。

傷みが出るなど特別な変化がない場合は、次回のメンテナンス(6月)まで様子を見て、その時に紹介状を書きましょうか、ということになりました。

 

これはこれで、なんとも宙ぶらりんな(苦笑)。あと4ヶ月は様子見です。喜んでいいのか?

 

隣の歯を押し上げるように斜め↗に生えてきているので、隣の歯の被せものが少し浮いて隙間ができて、冷たい水がしみたりするようになってきていることもあり、いずれ抜歯はした方がいいそうなのですが、そうなると口腔外科に最低3回(審査、抜糸、消毒)は通わないと行けないので、きちんと3回通える時期を選んだ方がいいとのこと。

2月3月4月は、娘の卒入学を控えているのでいろいろと忙しく、顔を腫らしたりもちょっと……ということで、雪融けを待ってから紹介状を書いてもらう、ということになりました。

 

「今すぐ抜くのか?今日か?明日か?」

と、ちょっと戦闘モードにも入っていたため、拍子抜けでした(苦笑)。

 

先延ばしになるのも憂鬱の種をくすぶらせ続けることになるので、嫌だな~と思ったのですが、抜歯のあと雪道を運転して帰るのもリスキーだなと思い直し……。

 

衛生士さんからも、

「抜歯のときは麻酔が効いてるから傷みは感じませんし、抜歯後の傷みも、痛み止めで乗り切れますから。」

と、励まされ(笑)、少し気が楽になりました。

 

春以降は、子どもたちも新しい学期で落ち着かない時期です。そこへきて、ママンの私も「親知らず抜歯」で使い物にならない、というのは、いかにも大変そうで今からゲンナリしますが、しょうがないですね(苦笑)。

 

 

乗り越えること盛りだくさんな春になりそうです。夏までには、この戦いを終えていたいのですが……。

 

次回の「親知らず奮闘記」は、何もなければ6月になります。次は、何か動きがあるでしょう(笑)。