ママンの書斎から

アラフォーママンの考えごとや読書記録

判断は誰が

スポンサーリンク

インフルエンザが流行っているようです。

今年は流行が早いですね。

娘の学校でもインフルエンザのほかに、いろんな病気が流行っています。

胃腸炎、マイコプラズマ肺炎、溶連菌感染症……

娘も、ついこの間まで、熱があがって咳が続いていました。

インフルエンザかと思って病院へ行き、検査をしてもらったけど陰性。

とりあえず処方された薬を飲むこと数日……しかし治らず……

咳がいつもの風邪よりひどかったため、呼吸器科へ。そしたらレントゲンを撮られました。写真を見ながら、お医者さんがこうおっしゃいました。

「マイコの疑いですね。」

 

……マイコの疑い……

 

まあ。なんて文学的な響き(笑)。

 

結局、その日に出されたマイコの治療薬で快方へと向かいました。

 

子どもがいると、病院にはしょっちゅうお世話になります。いつも助けてもらっている医療の現場の方々には、感謝しています。

でも、困惑することも多々あります。

例えば、息子が小さいころにかかった小児科で、お医者さんから言われたこの言葉。

 

「お母さんが心配だったら、検査します。」

 

そういわれたら、そりゃあ心配ですから、じゃあお願いしますとなりますね。ここで、検査を断れるお母さんは、そういないはずです。医療関係者の親御さんなら、知識や経験から、その検査をするほどではないな、などと判断できるのかもしれませんが、多くの親は医療に関して素人です。1人目の子どもならなおのこと、具合の悪い子どもが心配で、医師に助けを求めている状態ではないでしょうか。自分がもし検査を断って、子どもの症状が悪化でもしたら、検査をお願いしなかった自分を責めるでしょう。医療の知識など何もないのですから、医師が言う検査なら、何でもしてやってくださいと、私なら思います。

 

でも、素人に判断を委ねられても困るのです。

 

どうやって判断したらいいのでしょう?「母親のカン」?に頼るしかありません。もし母親が判断を間違ったら?責められるのは母親であり、医師ではありません。医師の方から、

「この検査をおすすめします。お母さん、検査しましょう。」

と言ってもらえたら、そのほうが母親として気持ちが楽なのです。これでもし、検査は必要なかったね、というような結果になったとしても、

「余計な検査をして」

などと医師を責める気持ちにはなりません。

 

お医者さんも、もしかしたら、痛い検査や、費用の高い検査をすすめたくないのかもしれません。患者を思っての発言なのかも。そのときだけを見ている医師より、普段の様子を知っている母親のカンのほうが見立てが正しいこともある、ともよく言われます。でも、……医療のプロである医師が、判断をすべて母親に任せたような発言って、責任の所在を自分に置きたくないだけじゃない?と、思ってしまいます。

 

成人の患者なら、自分で治療方針を決める権利があります。

でも、子どもに関する医療は、判断はすべて親に委ねられています。

予防接種ひとつにしても、起こりうる副作用などのリスクも理解したうえで、するかどうか同意書にサインを求められます。でも、我が子に副作用が起きるかどうかなんて誰にもわからないのに、親がサインするんです。これは、何かあったときに医療従事者が責められないようにする、医療従事者を守るためのシステムなのでしょうか。医療の知識がない親が、自分の判断で同意書にサインし、その結果、子どもに何かあったら、その親の苦しみは一生続きます。そうなったら、親のその自責の念は、どのようにケアされるのでしょうか。「自己責任」という言葉で、蓋をされてしまうのでしょうか。

 

こんなこともありました。

子どもの熱がなかなか下がらなかったとき、医師からこう言われました。

 

「熱なんていうのはね、お母さんがずっと抱っこしていれば治るんですよ。」

 

これほど母親を追い詰める言葉があるでしょうか抱っこなんて、言われなくても一日中やっています。母親の愛情が足りないから子どもが治らないと言わんばかりのこの医師の発言には、本当に傷つきました。

 

子どもを育てるということの大変さのひとつは、子どもが病気のときの大変さです。仕事を休めないとか、寝ずの看病で体力的につらいとかだけの問題ではなく、子どもが治るかどうかが、すべて親の判断にかかっているというしんどさがあると思うのです。

まず、どの病院に連れていくか。小児科か耳鼻科か、それとも呼吸器科か?今すぐ夜間救急に駆け込むほどの症状か、それとも明日の朝まで待った方がいいのか。医師の言う検査を受けさせるべきか否か。

 

全く知識がなくては判断に困るので少し勉強したり調べたりすると、今度はお医者さんのほうで、そういう患者は煙たいのか、嫌味を言われたりもします。「素人判断するな」と。

 

素人に判断させたいのかさせたくないのか、どっちやねん(怒)!

 

難しい問題であることはわかっています。医療従事者の保護も考えられるべきとは思います。でも、医療機関にかかるたび、結構な頻度で、重要な、時に命に関わる決断を迫られる母親のしんどさも、考えられてほしいなあと思うママンなのでした。